NEWS TOPICS

会員向け情報はこちら

ISOグローバルディレクトリへの登録

ISOの規格開発に携わるには

ISO規格開発に携わるには、ISOが用意する各種電子ツールを利用し、文書の入手、投票などを行うことが必要です。 したがって、これらを行うTechnical Committee(TC)/Subcommittee(SC)/Working Group(WG)の委員・エキスパート、国内審議委員会事務局の方は、まず始めにISOのグローバルディレクトリ(Global Directory:GD)と呼ばれるユーザ管理システムに登録することが必要です。

ISOが用意する各種電子ツールに関する解説資料は、ISO helpdesk knowledge base(ISO 電子ツール総合案内、オンライン版、英語サイト)に掲載されております。
※外部サイトへジャンプします。
その他、日本語もしくは対訳の解説資料は 4.参考 : GD登録後の各種電子ツールの利用 / 参考資料をご覧ください。

グローバルディレクトリ(GD)登録の申請について

JISCを代表してISO活動に参加する方、国際委員等は、以下に示す「ITツール」を利用するために登録が必要です。

クリックで展開します

  • 1.GD登録の種類と対象者

    GD登録は、個人の役割に従って登録を行います。GD登録を申請する方は、まず下表の「対象者」を参照し、ご自分が該当する「登録の役割」を特定してください。
    (2017年6月より下記の表に変更になりました。)

    登録の役割 登録単位 対象者 主なアクセス先
    注4)
    委員会メンバー
    注1)
    Committee Member
    TC/SC TC/SC日本代表委員(TC/SC会議参画の国内委員会委員長・委員) Documents
    (登録したTC/SCに限ってアクセス可能。)
    国内審議委員会事務局 等
    WGメンバー WGエキスパート 1)Documents
    (登録したWGに限ってアクセス可能。)
    2)Ballots
    (WG Consultationに限ってアクセス可能。)
    NMC:委員会メンバー
    注2) NMC:Committee member
    TC/SC 上記以外の国内対応委員会メンバー等 Mirror Documents
    (登録したTC/SCに限ってアクセスが可能。)
    投票者
    注3) Voter
    TC/SC CIB,DIS,FDIS,SR投票者
    (Pメンバー投票)注3)
    1) Ballots
    (登録したTC/SCに限ってアクセス可能。)
    2) Documents
    (登録したTC/SCに限ってアクセス可能。)
    サポートチーム Support Team TC/SC WG* TC/SC委員会マネジャーの事務的補助者
    WGコンビーナ/事務局(secretary)の事務的補助者
    Documents
    (サポートする委員会マネジャー/コンビーナ/WG事務局と同等のアクセスが可能。)
    翻訳者 Translator TC/SC 翻訳用DIS文書の翻訳者 翻訳用DIS文書のダウンロード開始のNotification メールに記載されているURL
    会議参加承認者 Meeting Participants Approver TC/SC(WGではMPAを登録できない) MPA業務を行う方(委員会メンバー等が兼ねることも可能) Meetings(TC/SC会議の参加登録締切後はMPAによる登録のみが可能。)

    注1) 委員会文書のダウンロードと投票を同一の方が行う場合は、「委員会メンバー」及び「投票者」としてそれぞれ登録する必要があります。
    注2) NMC =National Mirror Committeeの略。
    注3) Oメンバーの場合、CIB投票ではコメント提出、DIS,FDIS,SR投票では投票及びコメント提出が可能です。コメント提出のみの場合においても「CIB投票者」の役割が必要ですので、Pメンバー同様に、CIB,DIS,FDIS,SR投票者への登録を推奨します。
    注4) 各ITツールの説明は、「4.参考」をご参照ください。

    * 標準化総括・支援ユニットでは、下記の「ISO中央事務局が登録する役割」に該当する方は、登録を行なっておりません。直接、ISO中央事務局へお申し出ください。なお、TS/SC委員会マネジャーについては、日本産業標準調査会(JISC)がISO中央事務局へ登録申請しますので、JISCへお申し出ください。

    標準化総括・支援ユニットが登録する役割

    • Documents:委員会メンバー
    • NMC:委員会メンバー
    • 投票者(JTC 1のSCを除く)
    • TC/SC委員会マネジャーのサポートチーム
    • WGコンビーナ/事務局のサポートチーム
    • 翻訳者
    • MPA:会議参加承認者

    ISO中央事務局が登録する役割

    • TC/SC委員会マネジャー(申請はJISCへ) 
      *詳細はISO/IEC事務処理要領をご覧ください。(JISCサイトへ)
    • TC/SC議長
    • 議長のサポートチーム
    • WGコンビーナ
    • プロジェクトリーダー(PL)
    • リエゾン代表者
  • 2.登録申請方法
    申請書: GD登録申請書(エクセル)
    (メールアドレス等の変更も申請書をご利用ください。)
    記入方法: 上記フォームのシート 「記入方法」を参照し、必要事項を記入の上、ISOの各TC/SCの国内審議委員会事務局を通じてご提出ください。
    注:ステークホルダーカテゴリ(所属分野)の種類
    A: Industry and commerce(商工業) 製造業、サービス業、倉庫運輸業、小売業、保険業、銀行業等
    B: Government(政府)
    C: Consumers(消費者、消費者団体等)
    D: Labour(労働組合)
    E: Academic and research bodies(学術・研究機関)
    F: Standards application(標準化関連事業)試験、認証、認定事業等
    G: Non-governmental organization(NGO)
    提出先: メールアドレス [e-iso@jsa.or.jp] (標準化総括・支援ユニット GD登録担当者宛)までお送りください。

    ※新規登録、変更、削除 全ての申請に上記申請書をご利用ください。
    ※前任者の削除を忘れず行ってください。
    ※日本規格協会の個人情報保護方針については、個人情報保護方針ページを参照ください。

  • 3.グローバルディレクトリ登録後のパスワード設定方法

    自動送信されるメールの案内に従ってパスワードをお手続き下さい。パスワードが分からなくなった場合、ご自身でパスワードの再設定が可能です。

    詳細は、ISO helpdesk knowledge base「Reset password」(パスワードのリセット)をご覧ください。
    ISO helpdesk knowledge base(ISO 電子ツール総合案内、オンライン版、英語サイト)から「Getting started」→「ISO Portal」→「Reset password」からもご確認いただけます。

    ※外部サイトへジャンプします。
    なお、ISO電子ツール(参照:4.参考 : GD登録後の各種電子ツールの利用)は、GDと連動して 動作しています。そのため、各電子ツールへのログイン時は、GDと共通のユーザ名、パスワードを利用します。

  • 4.参考 : GD登録後の各種電子ツールの利用 / 参考資料

    GD登録時の権限に従って、下記の電子ツールを利用することが可能になります。

    ISO電子ツール名 説明 アクセス可能者
    Documents
    ※2020年1月27日~12月1日にかけてISOの文書サーバが切り替わります。
    • 文書を閲覧・ダウンロードするためのサーバ。
    • 委員会活動に積極的に参加する委員、エキスパート、国内審議委員会事務局、投票者などが利用する。
    • TC/SC/WG毎の登録が必要。
    委員会メンバー 投票者 注5)
    Mirror Documents
    • Documents(eCommittees) (Documentsの文書コピーサーバ)。Documents(eCommittees)と同一の文書が閲覧・ダウンロードできる。
    • 委員会活動に積極的に参加しない国内対応委員会メンバーが主に利用する。
    • TC/SC毎の登録が必要(直下の全WGフォルダ閲覧可)
    NMCメンバー
    Ballots
    • 投票者(Voter)がログインし、CIB,DIS,FDIS投票、定期見直し(Systematic Review, SR)について電子的に投票を行うためのツール。
    投票者
    Projects
    • プロジェクトのステージ進捗管理ツール。
    • GD登録者全員がアクセス可能。
    全てのGD登録者
    Meetings
    • 全てのISO会議に関する中央データベース。
    • 委員会及び作業グループの役職者が中央の場で会議を設定・管理できるようにする。
    全てのGD登録者
    Global Directory
    • ISOのITツール利用のために登録するユーザ管理システム
    ISO中央事務局、各国ユ―ザ管理者(JSA)
    注6)
    Submissions
    • ISO中央事務局へのファイル提出のためのツール。
    • 委員会マネジャー及びそのサポートチームが主に利用する。
    委員会役職者
    注7)

    注5) Documentsへのアクセス権限は、役割によって異なります。詳細は、ISO helpdesk knowledge base(ISO 電子ツール総合案内、オンライン版、英語サイト)から「Getting started」→「Most Popular Articles」画面下部の「GD roles and permissions」の順にクリックし、該当する役割一覧から確認が可能です。
    ※外部サイトへジャンプします。
    注6)各国ユーザ管理者とは、日本の場合、日本産業標準調査会(JISC)から委託された日本規格協会(JSA)が行います。
    注7)委員会役職者とは、委員会マネジャー・議長・コンビーナ及びそのサポートチームのことを指します。
    ※ISO電子ツールへのアクセスは、ISOPortalから可能です。

参考資料

ISO helpdesk knowledge base(ISO 電子ツール総合案内、オンライン版、英語サイト)
※外部サイトへジャンプします。
グローバルディレクトリ(GD)登録に関するFAQ(0.1MB)
ISO ITツール(アクセス方法・ログイン方法・eCommitteesのメンバーリスト閲覧方法)解説資料
(アクセス方法・ログイン方法・メンバーリスト閲覧方法など)

Mirror Documents に関するユーザガイドは、ISO/IECの規定・政策等【3】ISO電子ツールのユーザガイド
【3-5】国内委員会メンバー(NTCLite利用者)に掲載されております。NMCサーバ文書のダウンロード方法(6.1項)及びメンバーリストの確認方法(5.1.1項)は、ユーザガイドの各項目をご参照ください。

※ ISO電子ツールを利用した規格作成のマニュアルについては、ISO/IECの規定・政策等から
【2】ISO/IEC専門業務用指針及び規格作成のツール等をご参照ください。

お問合わせ お問合わせフォーム

一般財団法人日本規格協会 標準化総括・支援ユニット  国際標準化支援チーム
E-mail: e-iso@jsa.or.jp

LOADING...