NEWS TOPICS

会員向け情報はこちら

ISO/TC 309(組織のガバナンス)

概要

ISO/TC309は、英国から、ガバナンス規格、内部通報規格の開発及びISO/PC278で作成されたISO 37001(反贈収賄マネジメントシステム規格)とISO/PC271で作成されたISO 19600(コンプライアンスマネジメントシステム規格)の維持管理を行う専門委員会(TC)の設置提案があり、2016年に設置されました。
TC309は、次ページ【TC309の構成】に示すように、TC309の下に運営委員会と規格を作成する作業グループ(WG)で構成されています。
TC309で開発されている規格類は、後述の規格開発状況を参照ください。

TCのタイトル

組織のガバナンス

このTCが取り扱う事項(業務範囲)

組織の方向性、統制、アカウンタビリティの側面に関連するガバナンス分野の標準化。

このPCで作成する規格

規格開発状況参照

議長国

英国

幹事国

英国

日本の地位

Pメンバー

TC 309の構成

<参加国>
Pメンバー:48、Oメンバー:18、リエゾンメンバー:ISO内部13・ISO外部16
(2019年2月現在)

規格開発状況(2019年2月現在)

WG 規格番号 タイトル 現在のステータス 備 考
WG1 ISO 37000 組織のガバナンス 作業文書(WD)
ISO 37001:2016 反贈収賄マネジメントシステム(タイプA) IS発行済み ISO/PC278で作成
WG3 ISO 37002 内部通報マネジメントシステム(タイプB) 作業文書(WD)
ISO 19600:2014 コンプライアンスマネジメントシステム(タイプB) IS発行済み ISO/PC271で作成
WG4 ISO 37301 コンプライアンスマネジメントシステム(タイプA) 作業文書(WD) ISO 19600を改訂し、タイプAのマネジメントシステム規格に。
WG2 反贈収賄マネジメントシステムハンドブック ISO 37001のハンドブックを作成

 タイプA:要求事項を規定(ISO 9001、ISO 14001などと同じく認証にも使用可能)
 タイプB:推奨事項を規定(ISO 9004、ISO 14004などと同じく、指針を規定)

ISOにおける規格開発ステップ

日本の対応

(一財)日本規格協会に国内委員会を設置しています。国内委員会では、ISO/TC309で検討している規格原案に対してコメントを提出するほか、日本からISO/TC309で検討している規格に日本の意見を反映するために、ISO/TC309会議に専門家を派遣しています。

総会開催

第1回総会 2016年 11月9日~11日 英国 ロンドン
第2回総会 2017年 5月22日~26日 カナダ ケベック
第3回総会 2017年 11月11日~17日 中国 深セン
第4回総会 2018年 11月2日~9日 オーストラリア シドニー
LOADING...