NEWS TOPICS

会員向け情報はこちら

国際規格の仮翻訳提供

JIS原案作成において基礎として用いる国際規格の仮翻訳等の提供サービス

 弊会では、JIS原案作成支援の一環として、国際規格(ISO・IEC)を基礎として用いてJIS原案を作成される場合の原案作成者の便宜を図るために、基礎として用いる国際規格の仮翻訳、又は改正された対応国際規格の新旧対比表等の提供を開始いたします。翻訳ソフトによる機械翻訳ですが、原案作成の効率化にお役立ていただけると思いますので、是非、ご利用ください。
なお、提供させていただく資料は、「仮翻訳」として作成するものです。ご利用にあたっては、下の注意事項を必ずご一読ください。

1.サービス内容

 

1. 国際規格(ISO・IEC)を基礎としてJISを新規制定される場合

  • 仮翻訳を提供いたします。
  • ご希望により、仮翻訳をJISのテンプレートに入れたものをお渡しできます(要相談)

2.国際規格(ISO・IEC)の改正に合わせて既存JISを改正される場合

  • 改正された国際規格と旧版となった国際規格の新旧対比表(改正された国際規格の仮翻訳付き)を提供いたします。
  • ご希望により、旧版となった国際規格に対応するJIS本文も新旧対比表に載せることができます(要相談、お時間をいただく場合があります)。
  • さらに、現行JISに国際規格の改正点(改正された国際規格の仮翻訳)を反映したJIS改正素案を提供できることがあります(要相談、お時間をいただく場合があります)。
  • 1.及び 2.ともに、基礎とする国際規格(ISO・IEC)をお持ちでない場合は、別途申請いただければ入手ができます。
  • 1.及び 2.ともに、基礎として用いる国際規格(ISO・IEC)の原案又は規格票の状態によっては、仮翻訳及び新旧対比表を提供できない場合がございます。特に、ISO・IECの旧版のWordデータが存在しない場合、及び国際規格(ISO・IEC)の構成が大きく変更となった場合は、新旧対比表の提供ができませんので、ご了承ください。

2.ご利用条件

  • 貴団体ご担当のJIS原案作成を目的とした利用に限らせていただきます。その他の目的での利用は承ることができません。
  • 提供させていただく仮翻訳は、JIS原案作成のために基礎として用いる国際規格(原案含む、引用国際規格除く)とします。
  • 国際規格の原案段階(CDV、DIS、FDIS等)からJIS原案を作成される場合についてもご相談ください。
  • このサービスをご利用の上JIS原案を作成される場合は、原則として、弊会の公募制度の利用をお願いします。

3.ご相談・連絡先

ご希望の方は、弊会の貴団体担当者にご相談願います。担当が不明の場合、標準化総括・支援ユニット標準化業務管理チームにご連絡いただいても構いません。

担当者連絡先
金属・化学・基盤・土木・建築・機械等  TEL: 03-4231-8536
情報・電気等  TEL: 03-4231-8537

担当が不明の場合・その他の連絡先
標準化総括・支援ユニット 標準化業務管理チーム
TEL: 03-4231-8530  E-mail: sd@jsa.or.jp
〒108-0073 東京都港区三田3-13-12三田MTビル 9F

注意事項(必ずお読みください)

  • 提供する資料は、国際規格を基礎としたJISの制定・改正を検討するために配布できるものであり、JIS原案作成委員会又は当該の国際規格(ISO・IEC)を検討するTC/SCの国内委員会における審議資料として以外にはご使用いただけません。他の目的で使用される場合の複製・配布は禁止されております。
  • 提供させていただく資料は、「仮翻訳」として作成するものです。専門用語の使い方など専門家によるチェックは受けておりません。その旨ご了承の上ご使用願います。
  • 提供する資料は、「仮翻訳」であり、翻訳の誤りに起因する責任は負いかねます。JIS原案の作成においては、必ず原本(英語)と照合願います。
  • 提供する資料は「仮翻訳」であり、JISの様式・文書表現、用語・用字等の規則に則ったものではありません。JIS原案の作成時には、必ず弊会担当者に様式調整についてご相談ください。
  • 提供する資料を基に、既存のJISの改正原案を作成する場合, 国際規格(ISO・IEC)の原文において変更がない部分については、既存JISの該当部分と完全一致する訳とはなっておりません。
  • 提供する資料内の規格の表題及び引用規格の表題についても「仮翻訳」です。
  • 直接基礎として用いる国際規格以外の、引用・参考文献の仮翻訳の作成は承っておりません。
  • ISO・IEC以外の国際規格、海外の団体規格等を基礎として用いてJISを作成される場合は、著作権者の許可を得るようお願いします。
LOADING...