ログインされていません

お知らせ

「2018年度研修案内発行」「注意喚起情報」のお知らせがあります。左記お知らせをクリックしてください。

規格・書籍・物品の買い物かごがクリアされます。
ログイン情報がクリアされます。

Clicking OK clears the basket.
Clicking OK clears the login information.

セミナーグループ詳細

■セミナー情報

 

製品開発セミナー 製品開発のための統計解析講座 ―JMPによる品質管理・実験計画法―
  E.ロバスト設計・コンピュータ実験(中級2日間コース)

 

参加のおすすめ

 

ロバスト設計:一般に、ばらつき低減のための対策は
(1) 原因そのものを除去
(2) 原因の影響を減衰
のうちどちらかであるといわれています。
(1)は問題解決型QCストーリーに基づき原因そのもの発見および除去を目的とします(コースC 統計的品質管理を参照)。
(2)は原因が変動しても特性が変動しないという緩衝機構を与えることで、設計開発段階におけるばらつき低減を行う方法です。本コースでは、実験研究により改善活動を行う方法として知られるロバスト設計を解説します。

コンピュータ実験:近年、大規模なシミュレータによる実験が盛んに行われています。
 本コースではコンピュータ実験計画で用いられるSpace-Filling計画に基づきデータを生成し、システムの挙動を予測する近似モデルを構築した上で、最適化を行うための一連の方法を解説します。

 本コースは、統計解析ソフトウェアJMPを用いて統計手法を解説するため、実験計画法初学者の方は、コースAおよびBを受講の上、本コースの受講をお勧めします。

 

※ 初回参加者に限り、関連する書籍を配布致します。

 

※ 本コースは、2018年度より「実践!データ分析講座Ⅲ 品質工学(タグチメソッド)Ⅳ 実験計画法:応用編」に変更されます。


受講者の声  

 
 
 
 
河村先生による本セミナーを通して,「QC 七つ道具」の価値を改めて再認識するとともに,日本の品質管理の源流をたどることができました.また,形式にとどまらない「統計ソフトから新しい知識を得る」という講義スタイルはとても新鮮で,若い世代のQCに対する認識が大きく変化するのでは,と感じています.さらに,オフサイトミーティングで、河村先生や他の受講者の方と忌憚のない意見交換したことは,自らのQC マインドをリセットする貴重な機会にもなりました.(国研・50 代男性)
  一般的な教科書レベルではなく,考え方の流れ,解析内容意味など説明いただいたので理解が進んだ.(製造業・男性)
 
 
統計学は最強であるとかよくもてはやされていました.ブームの波に乗っているものと思い考えてきましたが統計学についての考え方や理解ができてさらに深まりました.数式を使用なしでの説明は大変にわかりやすかったです.
  河村先生のお話がとても分かりやすい.ポイントが腑に落ちる.(製造業・40 代男性)
  ロバスト設計の進め方が非常によくわかりました.(製造業・男性)
 
 
自分の中で手探りでやっていたことが明確になりすっきりした.今まで経験上なんとなくやっていたことが体系的にまとめられて納得できた(製造業・男性)
  非常にわかりやすい内容で勉強になりました.(製造業・30 代男性)
 
 
 
2 日間で実験計画法,ロバスト設計,コンピュータ実験の関係性と,全体の内容を効率よく理解することができました.これまで100 %独学だったので自分の理解できていない部分や間違った理解を得ることができました.業務に応用できることがたくさんありました.また機会があれば,先生のセミナーへ参加したいと思います.実験計画法との関係から説明してくださりとてもクリアになりました.(製造業・男性)
  2日間の後半は難しかったです.オーバーフロー気味でしたが,考え方中心に教えてもらえて理解しやすかったです.(製造業・50 代男性)

プログラム

時 間 講演内容

 9:30~16:30

(2日間とも)

ロバスト設計(タグチメソッド):
・設計段階におけるばらつき低減のアプローチ
・望目特性のロバスト設計
・動特性のロバスト設計
コンピュータ実験:
・コンピュータ実験の計画と解析
・決定論的モデルによるコンピュータ実験
・製造段階のロバスト設計

16:30~18:00

(1日目講演後)

講師を囲んだオフサイトミーティング(参加自由)

※講師・プログラムは変更になる場合がございます。


対 象 ・統計学や実験計画法の基礎を学ばれた方
・シミュレータによるコンピュータ実験に対するモデリングや最適化手法に興味がある方
・統計ソフトJMPを用いて最新の実験計画法(ロバスト設計・コンピュータ実験)を実務に活用されたい方
2017年度
参加費
一  般:¥64,800<税込>
維持会員:¥58,320<税込>
※参加費は、テキスト・資料代を含んだ金額です。

開催日程

開催日 開催地 会場 定員数 残席状況  
2018年03月14日(水) ~ 03月15日(木)

東京

日本規格協会 三田MTビル セミナールーム

20 名

 (空席あり)

▲ページトップへ

Copyright 2002-2018 Japanese Standards Association. All Rights Reserved.