ログインされていません

お知らせ

「商品発送手数料改定」「不具合情報」のお知らせがあります。左記お知らせをクリックしてください。

規格・書籍・物品の買い物かごがクリアされます。
ログイン情報がクリアされます。

Clicking OK clears the basket.
Clicking OK clears the login information.

セミナーグループ詳細

■セミナー情報

 

製品開発セミナー 製品開発のための統計解析講座 ―JMPによる品質管理・実験計画法―
  E.ロバスト設計・コンピュータ実験(中級2日間コース)

 

参加のおすすめ

 

ロバスト設計:一般に、ばらつき低減のための対策は
(1) 原因そのものを除去
(2) 原因の影響を減衰
のうちどちらかであるといわれています。
(1)は問題解決型QCストーリーに基づき原因そのもの発見および除去を目的とします(コースC 統計的品質管理を参照)。
(2)は原因が変動しても特性が変動しないという緩衝機構を与えることで、設計開発段階におけるばらつき低減を行う方法です。本コースでは、実験研究により改善活動を行う方法として知られるロバスト設計を解説します。

コンピュータ実験:近年、大規模なシミュレータによる実験が盛んに行われています。
 本コースではコンピュータ実験計画で用いられるSpace-Filling計画に基づきデータを生成し、システムの挙動を予測する近似モデルを構築した上で、最適化を行うための一連の方法を解説します。

 本コースは、統計解析ソフトウェアJMPを用いて統計手法を解説するため、実験計画法初学者の方は、コースAおよびBを受講の上、本コースの受講をお勧めします。

 

※ 初回参加者に限り、関連する書籍を配布致します。


プログラム

時 間 講演内容

 9:30~16:30

(2日間とも)

ロバスト設計(タグチメソッド):
・設計段階におけるばらつき低減のアプローチ
・望目特性のロバスト設計
・動特性のロバスト設計
コンピュータ実験:
・コンピュータ実験の計画と解析
・決定論的モデルによるコンピュータ実験
・製造段階のロバスト設計

16:30~18:00

(1日目講演後)

講師を囲んだオフサイトミーティング(参加自由)

※講師・プログラムは変更になる場合がございます。


対 象 ・統計学や実験計画法の基礎を学ばれた方
・シミュレータによるコンピュータ実験に対するモデリングや最適化手法に興味がある方
・統計ソフトJMPを用いて最新の実験計画法(ロバスト設計・コンピュータ実験)を実務に活用されたい方
参加費 一  般:¥64,800<税込>
維持会員:¥58,320<税込>
※参加費は、テキスト・資料代を含んだ金額です。

開講日程

開講日 開催地 定員数 残席状況  
2018年03月14日(水) ~ 03月15日(木) 東京 20 名
 (空席あり)
▲ページトップへ

Copyright 2002-2017 Japanese Standards Association. All Rights Reserved.