ログインされていません

お知らせ

「2018年度研修案内発行」「注意喚起情報」のお知らせがあります。左記お知らせをクリックしてください。

規格・書籍・物品の買い物かごがクリアされます。
ログイン情報がクリアされます。

Clicking OK clears the basket.
Clicking OK clears the login information.

セミナーグループ詳細

■セミナー情報

 

製品開発セミナー 製品開発のための統計解析講座 ―JMPによる品質管理・実験計画法―

  C.統計的品質管理(初級1日コース)

 

参加のおすすめ

 

 本コースでは、問題解決型QCストーリーによる統計的品質管理を解説します。これはばらつきの原因を発見し、それをコントロールすることで品質特性のばらつきを低減することが目的となります。観察データの場合には、多変量間に相関や交絡している可能性があり、データの質という面では、人工的に生成された実験データに比べると劣ります。一方、対データ、層別したデータおよび形式的に要因実験とみなせるデータは問題解決に役立ちます。解析ストーリーは、両者ともほぼ同じですが、層別の重要性、それらを取り込んだダミー変数を用いた変動要因のための回帰分析を用いて工程解析を解説します。

 品質管理のための統計的方法の初学者の方は、コースAとB(QC7つ道具や回帰分析の基礎)を受講の上、本コースの受講をお勧めします。

 

※ 初回参加者に限り、関連する書籍を配布致します。

 

※ 本コースは、2018年度より「実践!データ分析講座Ⅱ 統計的品質管理」に変更されます。


受講者の声  

 
 
有意義な講義でした.特に統計的な手法を活用してのQC ストーリーは面白かったです.QC ストーリーと統計手法が直結していてわかりやすかった.(製造業・50 代男性)
 
 
講座(A~E)の立ち位置の説明が最初にあり,非常にありがたかった.実務に活かせる内容で大変勉強になった.JMP が出す出力結果の意味もより理解できた.丁寧に質問に回答いただきありがとうございました.(製造業・男性)
 
 
本日は講義頂きありがとうございました.品質管理におけるQCストーリーが理解することができ,今後の業務に活用できそうです.同じ課内でJMP を使用しているものにも勧めたい.(製造業・男性)
  だいたいのイメージつかめた.統計の話だけでなく実務に対する注意とか基本的な考えも教えてもらえた.(製造業・50 代男性)

プログラム

時 間 講演内容
 9:30~16:30 統計的品質管理の基礎:
・問題解決のためのQCストーリー
・品質改善のための変動要因解析
・統計的工程管理(管理図と工程能力指数)
16:30~18:00 講師を囲んだオフサイトミーティング(参加自由)

※講師・プログラムは変更になる場合がございます。


対 象 ・製造の品質管理に統計的方法を応用したい方
・問題解決型QCストーリーによる統計的品質管理を学びたい方
・品質管理と品質工学(タグチメソッド)によるアプローチの違いを理解したい方
2017年度
参加費
一  般:¥32,400<税込>
維持会員:¥29,160<税込>
※参加費は、テキスト・資料代を含んだ金額です。
▲ページトップへ

Copyright 2002-2018 Japanese Standards Association. All Rights Reserved.