ログインされていません

お知らせ

「2018年度研修案内発行」「注意喚起情報」のお知らせがあります。左記お知らせをクリックしてください。

規格・書籍・物品の買い物かごがクリアされます。
ログイン情報がクリアされます。

Clicking OK clears the basket.
Clicking OK clears the login information.

セミナーグループ詳細

■セミナー情報

 

製品開発セミナー 製品開発のための統計解析講座 ―JMPによる品質管理・実験計画法―
  B.回帰分析・実験計画法の基礎(初級2日間コース)

 

参加のおすすめ

 

 回帰分析の基礎:一般にデータは観察データと実験データに分けられます。これらのデータに対する回帰分析はまったく同じ手順となります。しかしながら、その結果の解釈は大きく異なるため注意が必要です。観察データでは、特性(応答)と因子間の因果関係は保証されないため、モデルによる最適化は意味がありません。一方、実験データの場合には因果関係を考慮した実験計画により採取されているため最適化が可能です。
 実験計画法の基礎:「紙ヘリコプター」による実験を題材に、実験計画法の基礎を解説します。完全実施要因計画は、最も情報量の多
い計画ですが、実験にかかる予算と時間という観点では最大のコストを必要とします。これに対し、高次の交互作用を犠牲にして、実験回数の低減化を目的とした直交表を用いた一部実施計画が知られています。
 本コースは、統計解析ソフトウェアJMPを用いて、回帰分析および実験計画法の基礎を解説します。これらの手法はコースCの統計的品質管理、コースDの応答曲面解析への準備となります。

 

※ 初回参加者に限り、関連する書籍を配布致します。

 

※ 本コースは、2018年度より「実践!データ分析講座Ⅰ データ分析:基礎編」に変更されます。


受講者の声  

 
 
初心者にも分かりやすく丁寧に講義して頂いた.何も分からずに,ツールを使うことだけにになっていたので,今回の講義によって統計のイメージをつかむことができた.初心者にも分かるように,質問を受けながらの講義で良かった.他の方にも進めたい.(食品会社・20 代女性)
 
 
実践的なことに重点を置き,もちろん適度に理論的な理解も含まれており,非常に勉強になった.教え方が素晴らしい.内容が濃いが理解できるので,他の人にも進めたい.(製造業・30 代男性)
 
 
質問しやすく,分かりやすく,それにともなったオフサイトミーティングも良かった.初歩・基礎の部分から講義があって分かりやすく,説明が欲しいところをすぐに質問できるのも良かった.(製造業・男性)
 
 
参加者は若手が多く焦ったが,どうにかついていくことができたと思う.頭を悩ますこともあったが,全く眠ることなく分かりやすく説明してもらった.理解できていなったこと,知りたかったことを教えてもらった.是非若手に進めたい.(製造業・男性)
  分からない点を気軽に聞け大変良かった.今まで分からなかった箇所が結びついて理解できた.
 
 
河村先生の話し方がわかりやすく面白かったです.当社は,統計的な分析は行っていないので,今日の知識を社内で広めていきたいと思いました.講義はわかりやすい説明でした.社内の人は理解していない人が多いので他のものに伝えたいです.(製造業・男性)
 
 
質問しながらの講義だったのでかなり理解できた.少し復習を要する知識があったが点と点だったところが線となって理解が深まった.知識が点から線になり,非常にわかりやすい,最初から受講しておきたかった.
 
 
難解な統計学を計算式を全く出さずに基本な考え方とその組み合わせ・応用で理解できるように講義してくださりありがとうございました.(ソフトウェア企業・50 代)
 
 
 
 
質問する機会も多くいただけたので良かったです.演習の際には,講師の方,SAS の方が回ってくれてとても良かったです.要点を繰り返しご説明いただけた点も良かったです.ただ数式を覚えるのではなく,、どんな目的で何をしているのか順序だった説明が非常に面白かった.2 日間という比較的長い時間でしたが非常に早く時間が過ぎたように思います.理論と実践を交互に行っていただける点、要点を繰り返しご説明いただける点がとても良かったです.「B コース」に参加しましたが,「A コース」の資料も頂けて大変ありがたかったです.(薬品・女性)

プログラム

時 間 講演内容

 9:30~16:30

(2日間とも)

回帰分析の基礎:
・単回帰分析と残差分析
・重回帰分析と変数選択
・ダミー変数を用いた重回帰分析   ・実験計画法の基礎:・実験の計画と解析
・完全実施要因実験と分散分析
・直交表実験

16:30~18:00

(1日目講演後)

講師を囲んだオフサイトミーティング(参加自由)

※講師・プログラムは変更になる場合がございます。


対 象 ・回帰分析や実験計画法の基礎を学びたい方
・予測および変動要因解析のための回帰分析を学びたい方
・品質向上および生産性向上のために実験計画法を活用したい方
2017年度
参加費
一  般:¥64,800<税込>
維持会員:¥58,320<税込>
※参加費は、テキスト・資料代を含んだ金額です。
▲ページトップへ

Copyright 2002-2018 Japanese Standards Association. All Rights Reserved.