ログインされていません

お知らせ

「2018年度研修案内発行」「注意喚起情報」のお知らせがあります。左記お知らせをクリックしてください。

規格・書籍・物品の買い物かごがクリアされます。
ログイン情報がクリアされます。

Clicking OK clears the basket.
Clicking OK clears the login information.

セミナーグループ詳細

■セミナー情報

 

製品開発セミナー 製品開発のための統計解析講座 ―JMPによる品質管理・実験計画法―
  A.品質管理・実験計画法概論(初級1日コース)

 

参加のおすすめ

 

 製造業における設計・製造部門のみならず、あらゆる部門の方々がデータ解析の基礎を学ぶためのオムニバス方式のコースです。品質管理や実験計画法の基本的な考え方を理解し、QC七つ道具、検定と推定、相関分析・回帰分析や分散分析法などの統計的方法の基礎が修得できます。さらに、分散分析と単回帰分析の関連性、実験計画法とロバスト設計(タグチメソッド)の違いについて、本講座の全体像(コースA~E)を解説します。
 本コースでは単なる個別の手法の説明ではなく、どのような場面でどのように活用するか、各手法の使い分けや手法間の連携を意識して解説します。

 

※ 初回参加者に限り、関連する書籍を配布致します。

 

※ 本コースは、2018年度より「実践!データ分析講座Ⅰ データ分析:基礎編」に変更されます。


受講者の声  

 統計の基礎用語・定義は学んだことがなかったのでその点がわかって良かった.(製造業・男性)
 データの取り方から実験計画法の基本的な話まで非常にわかりやすかった.具体例をまじえた話が理解しやすく良かった.(製造業・30代男性)
 さすが河村先生面白かったです!データ自体の問題をもっと深く考えなければならいことが分かった.(医療関係・40代男性)
 タグチメソッド等も学ぶ必要があると感じた.非常に理解しやすかったので,他の方にも進めたい.非常に勉強になりました.ありがとうございました.
 
t検定あたりが理解できていなかったのが理解できましたのはありがたかった.全体を理解できたたので,業務でどうやれば適切なのかを考えることできるようになりました.非常にわかりやすかった.(製造業・男性)

プログラム

時 間講演内容
 9:30~16:30品質管理のための統計的方法:
・QC七つ道具によるデータのまとめ方
・記述統計学、統計的検定と推定
・分散分析と単回帰分析
・実験計画法とロバスト設計
16:30~18:00講師を囲んだオフサイトミーティング(参加自由)

※プログラムは変更になる場合がございます。

【関連セミナー】 アイデア発想・情報整理の手法連携の上手な使い方コース


対 象・品質管理のための統計的手法の基礎や考え方を学びたい方
・統計的品質管理、実験計画法、ロバスト設計(タグチメソッド)などの手法間連携や「本講座の全体像」が知りたい方
2017年度
参加費
一  般:¥32,400<税込>
維持会員:¥29,160<税込>
※参加費は、テキスト・資料代を含んだ金額です。
▲ページトップへ

Copyright 2002-2018 Japanese Standards Association. All Rights Reserved.