NEWS TOPICS

会員向け情報はこちら

日本提案のISO/IEC規格

日本が提案したISO/IEC規格

日本規格協会では経済産業省からの委託で国内審議団体に調査し、⽇本提案による国際規格(ISO, IEC, ISO/IEC JTC 1)で、承認の最終段階(50.99段階)に到達した規格に関する最新情報を掲載いたします。

2019年11月 掲載 2019/11/13
  • ISO 20260(ISO/TC79/SC5)

    Magnesium and magnesium alloys -- Determination of mercury
    マグネシウム及びマグネシウム合金-水銀の定量

    発行時期:2019年7月25日
    審議団体:一般社団法人日本マグネシウム協会

    規格概要

    マグネシウム及びマグネシウム合金中の水銀量をICP-MS法で測定する分析方法の規格

    紹介文

    水銀に関する水俣条約への対応として作成した、マグネシウム材料中の水銀量を測定する分析方法の規格です。マグネシウム材料の分析方法規格に、世界で初めてICP-MS法を採用した規格です。

  • ISO 4180(ISO/TC122/SC3)

    Packaging — Complete, filled transport packages — General rules for the compilat

    発行時期:2019年11月予定
    審議団体:公益社団法人 日本包装技術協会

    規格概要

    包装貨物の輸送・保管における振動・衝撃・圧縮等のストレスに対する評価試験を構成する手順と条件を規定している規格である。

    紹介文

    ISO 4180は、2009年の改正で試験条件が厳しくなり、日本の輸送環境と不整合が生じていました。今回の改正により、日本のような整備された輸送環境も踏まえた試験レベルを追加すると共に、より実輸送に近い試験条件への見直しが行われました。

  • ISO 14687(ISO/TC197)

    Hydrogen Fuel Quality -- Product Specification

    発行時期:2019年11月予定
    審議団体:一般社団法人 水素供給利用技術協会

    規格概要

    各種水素燃料の品質を規定した国際規格

    紹介文

    水素燃料の品質を規定した国際規格。この中に一般水素燃料とともに燃料電池自動車用水素燃料と定置式PEM燃料電池用水素燃料の品質規格が含まれる。 *現在、ISO 14687はPart1~3がある。今回の改訂は、3分割された旧版を合本したうえで改訂しているため、第1版として発行される。

2019年10月 掲載 2019/10/09
  • ISO 22947(ISO/TC126)

    Cigarettes -- Determination of carbon monoxide in the vapour phase of cigarette smoke with an intense smoking regime -- NDIR method

    発行時期:2019年9月予定
    審議団体:日本たばこ産業株式会社

    規格概要

    強制喫煙条件下でたばこの煙COを定量する方法(NDIR法)

    紹介文

    -

  • ISO 22197-2(ISO/TC206/WG9)

    Test method for air-purification performance of semiconducting photocatalytic materials -- Part 2: Removal of acetaldehyde

    発行時期:2019年10月予定
    審議団体:一般社団法人日本ファインセラミックス協会

    規格概要

    アセトアルデヒド分解

    紹介文

    -

  • ISO 22197-3(ISO/TC206/WG9)

    Test method for air-purification performance of semiconducting photocatalytic materials -- Part 3: Removal of toluene

    発行時期:2019年10月予定
    審議団体:一般社団法人日本ファインセラミックス協会

    規格概要

    トルエン分解

    紹介文

    -

  • ISO 22077-4(ISO/TC215)

    Health informatics — Medical waveform format — Part 4: Stress test electrocardiography

    発行時期:2019年11月予定
    審議団体:一般財団法人医療情報システム開発センター

    規格概要

    負荷心電図をISO 22077-1(MFER)に基づいて記述する国際標準

    紹介文

    -

  • IEC 62125(ISO/TC21)

    Environmental considerations specific to insulated electrical power and control cables
    絶縁電力及び制御ケーブルに固有の環境配慮

    発行時期:2019年9月16日
    審議団体:一般社団法人日本電線工業会

    規格概要

    電力ケーブルの環境ライフサイクルアセスメントと導体サイズ最適化のための方法論

    紹介文

    導体サイズを太径化(最適化)することにより、通電時の電力損失を低減し、これによりCO2削減及び省エネルギーを図ることができる方法論についてIECで規格化された。

  • IEC 60539-2 ED2(IEC/TC40)

    Directly heated negative temperature coefficient thermistors - Part 2: Sectional specification - Surface mount negative temperature coefficient thermistors
    直接加熱NTCサーミスタ-第2部:品種別通則-表面実装NTCサーミスタ

    発行時期:2019年7月19日
    審議団体:一般社団法人電子情報技術産業協会

    規格概要

    この規格は、半導体特性をもつ遷移金属酸化物によって作られる直熱形の表面実装形負温度係数サーミスタについて規定する。

    紹介文

    -

  • IEC 60384-16 ED3(IEC/TC40)

    Fixed capacitors for use in electronic equipment - Part 16: Sectional specification - Fixed metallized polypropylene film dielectric DC capacitors
    電子機器に使用する固定コンデンサ-第16部:品種別通則:固定金属化ポリプロピレンフィルム誘電直流コンデンサ

    発行時期:2019年9月16日
    審議団体:一般社団法人電子情報技術産業協会

    規格概要

    この規格は、IEC 60384-1を品目別通則とする品種別通則で、電子機器用固定メタライズドポリプロピレンフィルム直流コンデンサに適用する。

    紹介文

    -

2019年09月 掲載 2019/09/13
  • ISO 15738(ISO/TC8/SC1)

    Ships and marine technology -- Maritime safety -- Gas inflation systems for inflatable life-saving appliances 船舶及び海洋技術 - 海上の安全-膨張式救命設備のためのガス膨張システム

    発行時期:2019年7月12日
    審議団体:一般財団法人日本船舶技術研究協会

    規格概要

    1974年SOLAS条約(改正を含む)及びIMO MSC.48(66)(救命設備コード)の要件に適合する膨脹式救命器具のガス膨脹システムの性能及び試験に関する要求事項について、IMO強制文書を補完するものとして取り纏めたもの。なお、ガス容器の品質、使用方法、試験に関する要件は各国様々であるため、この規格ではガス容器については対象外としている。

    紹介文

    圧縮炭酸ガスで膨脹させる救命いかだ及び海上脱出装置等の船上の救命設備に用いられるガス膨脹システムの性能要件及び試験要件を取りまとめた規格。
    今回の改訂では、これまで不備だった耐食試験等を修正及び追加するとともに、既存の各種試験の数値基準の見直しを行った。また、日本の製造者も使用しているガスシリンダーバルブとオペレーションヘッドが一体になったシステムに対応できるように改訂した。

  • ISO 21792(ISO/TC8/SC6)

    Ships and marine technology -- Navigation and ship operations -- Guidelines for onboard telephone equipment 船舶及び海洋技術-航行及び船舶運航-車載電話機器のガイドライン

    発行時期:2019年8月7日
    審議団体:一般財団法人日本船舶技術研究協会

    規格概要

    船舶で用いられる電話設備に関する指針について取り纏めたもの。

    紹介文

    海外の粗悪品の排除、国内企業が製造する製品の世界市場への普及促進のため、ISO/TC8/SC6(航海及び操船分科委員会)にて、日本から提案し、主導して作成した規格です。

  • ISO 25862(ISO/TC8/SC6)

    Ships and marine technology -- Marine magnetic compasses, binnacles and azimuth reading devices 船舶及び海洋工学-海洋磁気コンパス,ビナクル及びアジマス読み取り装置

    発行時期:2019年7月12日
    審議団体:一般財団法人日本船舶技術研究協会

    規格概要

    船舶の航海用及び操舵用として装備される船用磁気コンパス、ビナクル及び方位測定具の構造、性能、表示等について取り纏めたもの。

    紹介文

    定期見直しにより、当該規格の2009年版が改正されることになり、ISO/TC8/SC6(航海及び操船分科委員会)にて、日本が主導して作成した規格です。

  • ISO 20954-1(ISO/TC42)

    Digital cameras - Measurement and description method for image stabilization performance - Part 1: Optical systems デジタルカメラ-画像安定性能の測定方法-第1部:光学システム

    発行時期:2019年7月24日
    審議団体:写真感光材料工業会

    規格概要

    デジタルカメラの手ぶれ補正効果に関する測定方法および表記方法(光学式)

    紹介文

  • ISO/TS 21139-21(ISO/TC42)

    Permanence and durability of commercial prints -- Part 21: In-window display -- Light and ozone stability 商業印刷物の永続性及び耐久性-第21部:ウインドーディスプレー-光及びオゾン安定度

    発行時期:2019年7月19日
    審議団体:写真感光材料工業会

    規格概要

    紹介文

  • ISO 21914(該当ISO/TC71/SC6)

    Test methods for fibre-reinforced cementitious composites -- Bending moment -- Curvature curve by four-point bending test 繊維強化セメント系複合材料の試験方法-曲げモーメント-4点曲げ試験による曲率曲線

    発行時期:2019年7月23日
    審議団体:公益社団法人日本コンクリート工学会

    規格概要

    角柱供試体の4点曲げ載荷によって、繊維補強セメント複合材料の曲げモーメント-曲率曲線を計測する方法を規定するものである。

    紹介文

  • ISO 10406-3(該当ISO/TC71/SC6)

    Fibre-reinforced polymer (FRP) reinforcement of concrete -- Test methods -- Part 3: CFRP strips 繊維強化ポリマー(FRP)によるコンクリートの補強-試験方法-第3部:CFRPストリップ

    発行時期:2019年7月25日
    審議団体:公益社団法人日本コンクリート工学会

    規格概要

    コンクリート補強用の一方向CFRP帯板材の引張試験方法および促進暴露試験方法を規定するものである。

    紹介文

  • ISO 20260(ISO/TC79/SC5/WG4)

    Magnesium and magnesium alloys — Determination of mercury マグネシウム及びマグネシウム合金-水銀の定量

    発行時期:2019年7月25日
    審議団体:一般社団法人日本マグネシウム協会

    規格概要

    水銀条約の発効に向けて、Mg材料中微量水銀を定量する高パフォーマンス分析法を規格化した。

    紹介文

    国際取引の盛んなマグネシウム材料に関して、水銀条約の発効に対応すべく、材料中微量水銀を定量する高パフォーマンスな分析法を開発し、規格化した。

  • ISO 22015 (ISO/TC122)

    Packaging-Accessible design-Handling and manipulation 包装-アクセシブルデザイン-取扱い及び操作

    発行時期:2019年7月19日
    審議団体:公益社団法人日本包装技術協会

    規格概要

    包装の取扱いと操作における取り出しから廃棄に至るまでの人間の動作おける要求事項や推奨事項を規定している。

    紹介文

    取扱いと操作における包装の運搬、開梱、再封、中身の取り出し、保管および廃棄に関連する、持つ、持ち上げる、運ぶ、引く、押す、滑らせる、把持する、ねじるなどの動作、またこれらを組み合わせた動作の人間の身体の能力を含め、高齢者、障害者の能力も考慮して、要求事項および推奨事項を規定している。

  • ISO 19454(ISO/TC205)

    Building Environment Design - Indoor environment - Daylight opening design process in order to ensure sustainability principles in visual environment 建築環境設計-室内環境-視覚環境における持続可能性の原則のためのデーライトオープニングデザイン

    発行時期:2019年8月21日
    審議団体:一般社団法人建築・住宅国際機構

    規格概要

    本規格は、建築環境設計の一般原則を定めるISO 16813、および屋内視環境の設計プロセスを定めるISO 16817に従って、建築の統合設計における採光用開口(窓および天窓)の設計プロセスを定めるものである。また、本規格は、視環境の快適性と健康性を確保するために、室の床面積または壁面積に対する開口率、適切な室内昼光量と日照、眺望の質、昼光制御を考慮するよう定めている。

    紹介文

  • ISO 22601(ISO/TC206/WG9)

    Fine ceramics (advanced ceramics, advanced technical ceramics) -- Test method for determination of phenol oxidative decomposition performance of semiconducting photocatalytic materials by quantitative analysis of total organic carbon (TOC) ファインセラミックス(先進セラミックス,先進技術セラミックス)-全有機炭素(TOC)の定量分析による半導体光触媒材料のフェノール酸化分解性能の測定試験方法

    発行時期:2019年9月6日
    審議団体:一般社団法人日本ファインセラミックス協会

    規格概要

    フェノールの酸化分解性能測定方法

    紹介文

  • ISO/TS 11251(ISO/TC229)

    Nanotechnologies -- Characterization of volatile components in single-wall carbon nanotube samples using evolved gas analysis/gas chromatograph-mass spectrometry

    発行時期:2019年9月
    審議団体:国立研究開発法人産業技術総合研究所

    規格概要

    EGA-GCMSによる単層カーボンナノチューブの固有特性を計測するための技術仕様

    紹介文

  • IEC 60095-7(ISO/TC21)

    Lead-Acid Starter Batteries - Part 7: General requirements and methods of test for motorcycle batteries

    発行時期:2019年10月
    審議団体:一般社団法人電池工業会

    規格概要

    自動二輪車用の鉛蓄電池の要求性能及び試験方法

    紹介文

    日本の松村プロジェクトリーダーの献身的な活動による成果である。

  • IEC 61810-10(ISO/TC94)

    Electromechanical elementary relays - Part 10: Additional functional aspects and safety requirements for high-capacity relays 電磁式エレメンタリリレー-第10部:大容量リレーの追加機能的側面及び安全要求事項

    発行時期:2019年7月11日
    審議団体:一般社団法人日本電気制御機器工業会

    規格概要

    自動二輪車用の鉛蓄電池の要求性能及び試験方法

    紹介文

  • IEC 25030(ISO/IEC JTC1/SC7)

    Systems and software engineering — Systems and software quality requirements and evaluation (SQuaRE) — Quality requirements framework システム及びソフトウェア工学-システム及びソフトウェア製品品質要求事項及び評価(SQuaRE)-品質要求事項の枠組

    発行時期:2019年8月28日
    審議団体:一般社団法人情報処理学会

    規格概要

    SQuaRE(システム及びソフトウェア製品の品質要求及び評価)シリーズのISO/IEC 25010,25012の品質モデル及びISO/IEC 25022,23,24の品質測定量を用いて,データ品質を含めたシステム及びソフトウェアの品質を定義するための方法を規定する規格.現在の規格はソフトウェア品質を対象としていたが,今回の改訂版はデータ品質,システム品質まで拡張するもの。

    紹介文

    SQuaREの品質モデルと測定量を用いて品質要求を定義する際の必須事項と推奨事項についてまとめています.品質要求をシステム開発にどう取り入れるかを悩んでいる組織に使ってもらえればと思います。

2019年06月 掲載 2019/06/07
  • ISO 23274-1(ISO/TC22/SC37)

    Hybrid-electric road vehicles — Exhaust emissions and fuel consumption measurements — Part 1: Non-externally chargeable vehicles ハイブリッド電気路上走行車-排気物質及び燃料消費の測定-第1部:非外部充電式車両

    発行時期:2019年7月
    審議団体:(一財)日本自動車研究所

    規格概要

    ハイブリッド電気自動車-排気ガス及び燃料消費量測定法-第1部:外部充電無し自動車

  • ISO 22253(ISO/TC126)

    Cigarettes — Determination of nicotine in total particulate matter from the mainstream smoke with an intense smoking regime — Gas-chromatographic method シガレット-集中喫煙管理による主流煙からの全粒状物質中のニコチンの測定-ガスクロマトグラフ法

    発行時期:2019年4月1日
    審議団体:日本たばこ産業株式会社

    規格概要

    ガスクロマトグラフィーを用いて、強制喫煙条件における主流煙中のニコチンを定量する方法。

    紹介文

    TC 126(たばこおよびたばこ製品)において、日本がPLをとって発行まで至った初めての規格です。

  • ISO 20140-3(ISO/TC184 /SC5)

    Automation systems and integration — Evaluating energy efficiency and other factors of manufacturing systems that influence the environment — Part 3: Environmental performance evaluation data aggregation process オートメーションシステム及びその統合-環境に影響を及ぼす製造システムのエネルギー効率及びその他の要因の評価-第3部:環境パフォーマンス評価データ集約プロセス

    発行時期:2019年5月2日
    審議団体:一般財団法人製造科学技術センター

    規格概要

    製造工場に設置された製造システムのエネルギー効率等の環境性能の評価プロセスについて規定する。

    紹介文

    製造システムのエネルギー効率等の環境性能の評価プロセスの全体については、ISO 20140-2(2018-07発行)に規定されている。 本規格(ISO 20140-3)は、製造装置などから発生する環境影響データを、製造システムの構成に従って、目的に適合するように積算する手順を規定するものであり、評価プロセスの中核をなす。

  • ISO 21859(ISO/TC206/WG12)

    Fine ceramics (advanced ceramics, advanced technical ceramics) — Test method for plasma resistance of ceramic components in semiconductor manufacturing equipment

    発行時期:2019年6月
    審議団体:一般社団法人日本ファインセラミックス協会

    規格概要

    半導体製造設備のセラミック部品の耐プラズマ性試験方法

  • ISO/IEC 13251(ISO/IEC/JCT1/SC35)

    Information technology — Collection of graphical symbols for office equipment 情報技術-オフィス機器のための図記号集

    発行時期:2019年5月16日
    審議団体:一般社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会、一般社団法人情報処理学会

    規格概要

    この文書は典型的な事務機械,例えば,パーソナルコンピュータ,プリンタ,電話機及びコピー機などに使われユーザの操作を支援する図記号集である。この図記号集はIEC 60417及びISO 7000に規格化された関連図記号であり,他の分野にも使用できる。

2019年05月 掲載 2019/05/14
  • ISO 20813(ISO/TC34/SC16)

    Molecular biomarker analysis -- Methods of analysis for the detection and identification of animal species in foods and food products (nucleic acid-based methods) -- General requirements and definitions 分子生物指標分析-(核酸ベース法による)食品における動物種の識別及び検出のための分析方法-一般要求事項及び定義

    発行時期:2019年5月
    審議団体:独立行政法人農林水産消費安全技術センター

    規格概要

    分子生物学的手法を利用した個別の食品中動物種判別技術に共通して用いることができる性能指標項目や、分析結果を表す単位が定められています。 また、分析結果から食品原材料表示のために必要な「重量」を求める際の例も掲載されています。

    紹介文

    (特非)バイオ計測技術コンソーシアムが中心となって日本主導で開発したバイオテクノロジーを用いた食品中動物種判別技術に関する規格です。 本規格が発行されることで、食品偽装対策の一助となり食の信頼性を支え、またハラルやヴィーガン等の世界の食文化に広く対応するための技術基盤となります。

  • ISO 19962(ISO/TC172/SC1)

    Optics and Photonics-Measurement of reflectance of plane surface and transmittance of plane parallel elements

    発行時期:2019年7月
    審議団体:日本光学工業協会

    規格概要

    積分球を備えた分光光度計を用いて光学表面における可視光領域を含む紫外線から近赤外線領域の前方散乱光の分光測定方法について規定する。

    紹介文

  • ISO 19894(ISO/TC173)

    Walking trolleys - Requirements and test methods

    発行時期:2019年7月
    審議団体:一般社団法人日本福祉用具・生活支援用具協会

    規格概要

    シルバーカーの強度、トルク、安定性及び耐久性等に関する要求性能と試験方法を規定。

    紹介文

  • ISO/TR 16161(ISO/TC184/SC5)

    Automation systems and integration -- Use case of capability profiles for cooperation between manufacturing software units

    発行時期:2019年5月
    審議団体:一般財団法人製造科学技術センター

    規格概要

    目的に合わせたアプリケーション・システムの動的構成において,複数の生産ソフトウェアを連携協調して構成することが考えられる。このテクニカルレポートでは、ISO16100の提案するケイパビリティ・プロファイルを利用して、各生産ソフトウェアのもつ機能に関する情報を交換することで、適切なソフトウェア間で連携関係を確立し,全体システムとして協調するためのアプローチについて述べている。

    紹介文

    ISO16100の提案するケイパビリティ・プロファイルを利用して、各生産ソフトウェアのもつ機能に関する情報を交換することで、適切なソフトウェア間で連携関係を確立し,全体システムとして協調するための方法について述べているテクニカル・レポート。

  • ISO 19455-1(ISO/TC205/WG10)

    Planning for functional performance testing for building commissioning -- Part 1: Secondary hydronic pump, system and associated controls 建築物のコミッショニングのための機能性能試験方法の計画-第1部:二次ポンプ、システム及び関連制御

    発行時期:2019年5月
    審議団体:一般社団法人建築・住宅国際機構

    規格概要

    建築物の設備システムが設計意図通りの性能を発揮することを検証するための試験方法に関する規格である。第一部は、空調システムの冷温水を搬送する二次ポンプに関わる試験方法を規定する。

    紹介文

    建築物の省エネルギー化を確実に達成するためには、竣工後の実運用条件下において、設備システムが設計意図通りに動いているかを検証し、必要に応じて調整することが重要です。本規格では、空調システムの二次ポンプを対象として、システムの機能と性能を検証する具体的な手順を規定しています。

  • IEC 62909-2(IEC/TC22/SC22E)

    Bi-directional grid-connected power-converters- Part 2: Interface of GCPC and distributed energy resources 双方向性グリッド接続形電力変換装置-第2部:GCPCと分散型エネルギー資源のインタフェース

    発行時期:2019年3月8日
    審議団体:一般社団法人電気学会

    規格概要

    IEC 62909-2は、特定のタイプの分散型電源をGCPCに接続するために必要な要件を定義する。

    紹介文

    IEC 62909シリーズは、双方向系統電力系変換器(GCPC)の要件を定義しています。 GCPCには複数の分散型電源を接続できるため、IEC 62909-2では、特定の分散型電源をGCPCに接続する場合のインターフェイス要件を定義しています。

2019年04月 掲載 2019/04/11
  • IEC 62872 Ed. 2 (IEC/TC65)

    Industrial-process measurement, control and automation system; interface between industrial facilities and the smart grid 【工業用プロセス計測制御; 産業設備とスマートグリッドの間のインターフェース 】

    発行時期:2019/04
    審議団体:一般社団法人 日本電気計測器工業会

    規格概要

    産業施設とスマートグリッド間の情報の流れに関するインターフェースの規定。産業施設とスマートグリッド間の電気エネルギーの流れの計画、管理、及び制御を支援するために必要な情報の交換を可能にするために要求される規格を識別し、プロファイル化し、拡張する。この規格の適用範囲は、その制御のための制御と最終的責任が産業施設によって外部団体に委任されている施設内のエネルギー資源の直接制御に必要なプロトコルを特に除外している。(すなわち電力網オペレータによる分散型エネルギー資源の制御)。

    紹介文

    我が国における最終エネルギー消費のうち4割を産業部門が占める中、産業オートメーション分野は、社会インフラを支える重要な責任の一端を担っている。スマートグリッドは最も重要なエネルギーである電力を供給するベースとして、ホーム(家庭)やビル(オフィス)だけでなく工場・プラントと相互に情報交換を行いながら接続されることが期待されている。本規格は、工場・プラントにおいてものづくりを安全・安心・高効率で行うことを前提として、工場・プラントにおけるFEMS(ファクトリー・エネルギー管理システム)およびスマートグリッド間のインターフェースに関する国際標準規格である。

2019年03月 掲載 2019/03/14
  • ISO 20083-2 (ISO/TC8/SC2)

    Ships and marine technology — Shaft power measurement for ship propulsion system — Part 2:Optical reflection method

    発行時期:2019/04
    審議団体:一般財団法人 日本船舶技術研究協会

    規格概要

    船舶の推進力(機関の推進出力)を推進軸の推進力によるねじれを光学的に検知して測定する装置の基準

    紹介文

  • ISO 20083-3 (ISO TC8 SC2)

    Ships and marine technology — Shaft power measurement for ship propulsion system — Part 3:Elastic vibration method

    発行時期:2019/04
    審議団体:一般財団法人 日本船舶技術研究協会

    規格概要

    船舶の推進力(機関の推進出力)を推進軸の推進力によるねじれを軸に張り付けた被膜の振動数の変化により検知して測定する装置の基準

    紹介文

  • IEC 61020-1(IEC/TC23/SC23J)

    Electromechanical switches for use in electrical and electronic equipment - Part 1: Generic specification 【電気・電子機器で使用する電気機械式スイッチ-第1部:品目別通則 】

    発行時期:2019/01/16
    審議団体:一般社団法人 日本電気制御機器工業会

    規格概要

    電気及び電子機器への使用を意図したスイッチの個別仕様書に関する規定

    紹介文

    電気及び電子機器への使用を意図したスイッチの個別仕様書の記載内容について規定しておりますので、ご活用下さい。

2019年02月 掲載 2019/02/18
  • ISO TR 19688 (ISO/TC115/SC2)

    Rotodynamic pumps -Hydraulic performance acceptance test using a model pump 【ターボポンプ-モデルポンプを使用する水力性能検収試験】

    発行時期:2019/01/11
    審議団体:一般社団法人 日本産業機械工業会

    規格概要

    模型ポンプによる性能試験方法(JISB8327)の国際規格化。当初、ISOとして提案したが、内容の一部について合意が得られず、TRとして発行。

    紹介文

    今回の提案では、性能換算式及びポンプの製造公差についてのコンセンサス(JISB8327の採用)が得られなかったが、技術的裏付けのある換算式の採用及び相似性を保証する製造公差の採用に向けて、各国のコンセンサスが得られるよう発信を続けていく。

  • ISO 21618(ISO TC206 WG6)

    Fine ceramics (advanced ceramics, advanced technical ceramics) -- Test method for fracture resistance of monolithic ceramics at room temperature by indentation fracture (IF) method 【ファインセラミックス(先進セラミックス,先進技術セラミックス)-圧入破壊(IF)法によるモノリシックセラミックスの破壊抵抗ぼ試験方法 】

    発行時期:2019/07
    審議団体:一般社団法人 日本ファインセラミックス協会

    規格概要

    インデンテーション破壊抵抗

    紹介文

  • ISO 20318-1 (ISO TC10 WG18)

    Mechanical pencils and leads for general use — Classification, dimensions, quality and test methods — Part 1: Mechanical pencils 【一般用途のシャープペンシル及び芯-分類,寸法,品質及び試験方法-第1部:シャープペンシル】

    発行時期:2019/02
    審議団体:日本筆記具工業会

    規格概要

    一般用シャープペンシルの種類、寸法、品質、試験方法、表示などについて規定。

    紹介文

    ISO 9177-1(Mechanical pencils)の適用範囲が2011年に「製図用」に明確化されたため、それよりはるかに流通量の多い「一般用シャープペンシル」について、JISをベースにして日本から新規提案を行った。適用範囲に最近はやりの多機能ペンのシャープユニットを取り込み、芯径は日本で用いられている表示直径とするとともに種類を増やし、さらには重要部品の金属製とプラスチック製の規定を別途設定し、それぞれの品質項目も含め大幅に拡大かつ詳細に規定した。

  • ISO 20318-2 (ISO TC10 WG18)

    Mechanical pencils and leads for general use — Classification, dimensions, quality and test methods — Part 2: Black leads 【一般用途のシャープペンシル及び芯-分類,寸法,品質及び試験方法-第2部:黒芯】

    発行時期:2019/02
    審議団体:日本筆記具工業会

    規格概要

    一般用シャープペンシルに用いる芯の種類、品質、寸法、試験方法、表示などについて規定。

    紹介文

    「シャープペンシル用芯」における硬度記号(HBなど)は単純な硬さではないため、ISOではこれまで「種類(6B~9H)」のみが規定されていた。今回JISの評価方法である「筆記時の硬さ(崩れやすさ)=フリーハンド」と「描線の濃さ=HB濃度の定量化」を採用して、初めて全硬度記号を規定することができた。国による試験機や試験紙等の入手事情を考慮して柔軟に対応し、濃度試験用の画線機については二種、試験紙については三種を規定し、しかも同じ品質レベルとなるよう、海外メーカーと共に試験と調整を重ね、規格を制定した。

  • IEC 60825-12 ED.2 (IEC TC76)

    Safety of laser products - Part 12: Safety of free space optical communication systems used for transmission of information 【レーザ製品の安全性-第12部:情報伝達に利用される自由空間光通信システムの安全性】

    発行時期:2019/02
    審議団体:一般社団法人 光産業技術振興協会

    規格概要

    レーザ光を用いた光空間通信システムのレーザ安全性に関する規格

    紹介文

    -

2019年01月 掲載 2019/01/10
  • ISO 24678-1 (ISO/TC92/SC4))

    Fire safety engineering -- Requirements governing algebraic equations -- Part 1: General requirements

    発行時期:2019/03
    審議団体:建築・住宅関係国際機構

    規格概要

    火災安全工学に用いる代数式の一般要求事項を規定している。

    紹介文

    建築物等の性能的火災安全設計に用いる代数式の基本的要求事項を規定している。この規定に基づいて、個別の計算式の規格が順次制定される予定である。

  • ISO 20480-2 (ISO/TC281)

    Fine bubble technology -- General principles for usage and measurement of fine bubbles -- Part 2: Categorization of the attributes of fine bubbles 【ファインバブル技術-ファインバブルの利用及び測定の一般原則-第2部:ファインバブルの属性のカテゴリ分類 】

    発行時期:2018/11/15
    審議団体:(一社)ファインバブル産業会

    規格概要

    この文書は、ユーザーが液体品質とファインバブルのサイズと個数濃度を記述できるようにするための一般原則と属性の分類を規定。

    紹介文

  • IEC 60747-16-6 Ed.1 (IEC/TC47/SC47E)

    Semiconductor devices - Part 16-6: Microwave integrated circuits – Frequency multipliers

    発行時期:2019/01
    審議団体:(一社)電子情報技術産業協会

    規格概要

    マイクロ波集積回路 周波数逓倍器

    紹介文

  • IEC/TS 62312-1-1 Ed. 2.0 (IEC/TC100/TA11)

    Guideline for synchronization of audio and video - Part 1-1: Measurement methods for synchronization of audio and video equipment and systems - General 【オーディオとビデオの同期化の指針-第1-1部:オーディオ及びビデオ機器システムの同期化の測定方法-一般】

    発行時期:2019/02
    審議団体:日本筆記具工業会

    規格概要

    AVシンクロの測定法、General

    紹介文

    -

  • IEC/TS 62312-2 Ed. 2.0 (IEC/TC100/TA11)

    Guideline for synchronization of audio and video - Part 2: Methods for synchronization of audio and video systems 【オーディオとビデオの同期化の指針-第2部:オーディオとビデオシステムの同期化の方法】

    発行時期:2018/11/02
    審議団体:(一社)電子情報技術産業協会

    規格概要

    AVシンクロを取る方法

    紹介文

    -

  • IEC 63033-2 Ed. 1.0 (IEC/TC100/TA17)

    Car multimedia systems and equipment - Drive monitoring system - Part 2: Recording methods of the drive monitoring system 【自動車用マルチメディアシステム及び機器-運転監視システム-第2部:運転監視システムの記録方式】

    発行時期:2018/11/28
    審議団体:(一社)電子情報技術産業協会

    規格概要

    車周辺モニタリングシステム、Part2 録画方法

    紹介文

    -

  • IEC 61937-11 Ed. 1.1 (IEC/TC100/TA4)

    Digital audio - Interface for non-linear PCM encoded audio bitstreams applying IEC 60958 - Part 11: MPEG-4 AAC and its extensions in LATM/LOAS 【デジタルオーディオ-IEC 60958を適用する非リニアPCMでコード化されたオーディオビットストリームのインタフェース-第11部:MPEG-4 AAC及びLATM/LOAS内での拡張】

    発行時期:2018/11/02
    審議団体:(一社)電子情報技術産業協会

    規格概要

    圧縮オーディオデータ伝送、MPEG-4 AAC拡張

    紹介文

    -

  • IEC 62899-201 Amd.1 Ed. 1.0 (IEC/TC119)

    Amendment 1 - Printed electronics - Part 201: Materials - Substrates 【修正票1-プリンテッドエレクトロニクス-第201部:素材-回路基板】

    発行時期:2018/11/15
    審議団体:(一社)電子情報技術産業協会

    規格概要

    -

    紹介文

    -

2018年12 掲載 2018/12/15
  • ISO 49:1994/Amd 1:2018 (ISO TC5 SC5)

    Chemical composition of the zinc coating -- adjustment to actual requirements regarding hazardous substance 【修正票1-亜鉛被覆の化学組成-危険物質に関する現在の要求事項の調整】

    発行時期:2018/04/24
    審議団体:日本金属継手協会

    規格概要

    ねじ込み式可鍛鋳鉄製管継手の表面に施す亜鉛めっき中に含まれる鉛の含有率を、従来より制限した規格

    紹介文

  • ISO 7176-30 (ISO/TC173/SC1/WG1)

    Wheelchairs -- Part 30: Wheelchairs for changing occupant posture -- Test methods and requirements 【車いす-第30部:搭乗者の姿勢を変える車いす-試験方法及び要求事項 】

    発行時期:2018/11
    審議団体:日本福祉用具・生活支援用具協会(JASPA)

    規格概要

    リクライニング・チルティング・スタンドアップのできる車椅子の試験方法

    紹介文

    東アジア標準化フォーラムで国際標準化案を作成したもの

  • ISO 20720 (ISO/TC202)

    Microbeam analysis -- Methods of specimen preparation for analysis of general powders using WDS and EDS 【マイクロイビーム分析-WDSいい部」EDSを使用する一般粉体の分析のための試料の調製方法】

    発行時期:2018/10/18
    審議団体:表面化学分析技術国際標準化委員会 JSCA)

    規格概要

    粒径100nm以上の粉をEPMA、SEM-EDXで分析する場合の試料前処理を分析目的と粒径で分類して規定する

    紹介文

  • ISO 21255 (ISO/TC281)

    Fine bubble technology -- Storage and transportation of ultrafine bubble dispersion in water 【ファインバブル技術-水中の超微細気泡分散の保存及び輸送】

    発行時期:2018/10/12
    審議団体:(一社)ファインバブル産業会

    規格概要

    この文書では、ウルトラファインバブルの貯蔵および輸送のための手順および装置を規定。

    紹介文

    このようなウルトラファインバブルを維持するために関連する要件としてサイズと個数濃度としての特性を規定。

  • ISO 20298-1 (ISO/TC281)

    Fine bubble technology -- Sampling and sample preparation for measurement -- Part 1: Ultrafine bubble dispersion in water 【ファインバブル技術-測定のためのサンプリング及びサンプル調製-第1部:水中でのウルトラファインバブルの分散 】

    発行時期:2018/11/13
    審議団体:(一社)ファインバブル産業会

    規格概要

    この文書は、水中でのウルトラファインバブル分散液のサンプリングおよび試料調製の手順および要件を規定。

    紹介文

  • ISO 20468-1 (ISO/TC282/SC3)

    Guidelines for performance evaluation of treatment technologies for water reuse systems -- Part 1: General 【水再利用システムのための処理技術の性能評価の指針-第1部:一般 】

    発行時期:2018/10/31
    審議団体: 国土交通省下水道部流域管理官

    規格概要

    本規格は、水再利用システムにおける処理技術の性能評価方法に関するガイドラインです。

    紹介文

    TC282/SC3/WG2(処理技術の性能評価)では現在、日本の優れた水処理技術の性能評価方法を規定する規格を計5本開発しています。(ISO20468-2(Part2:GHGに基づく性能評価)、ISO20468-3(Part3:オゾン処理技術の性能評価)、ISO20468-4(Part4:UV消毒技術の性能評価)、ISO20468-5(Part5:膜処理技術の性能評価)、ISO20468-6(Part6:イオン技術の性能評価))。 ISO20468-1(Part1:処理技術の性能評価一般概念)は、現在開発中のそれら規格のベースとなる規格になります。

  • ISO 20469 (ISO/TC282/SC3)

    Guidelines for water quality grade classification for water reuse 【水の再利用のための水質等級分類の指針 】

    発行時期:2018/11/05
    審議団体:国土交通省下水道部流域管理官

    規格概要

    本規格は非飲料の再生水の利用場所において、利用者が安全性を判断するための一助となることを目的とした、水質の階級分類を示すガイドラインです。

    紹介文

    本規格はTC282/SC3/WG1(健康リスク)において開発されたガイドラインです。2018年5月に発行されたISO20426(健康リスク評価と管理)に続く、発行規格第2段になります。

  • IEC IEC TS 63042-101 ED1(IEC/TC122)

    UHV AC transmission systems - Part 101: Voltage regulation and insulation design for UHV AC transmission systems 【UHV AC電送システム-第101部:電圧調節及び絶縁設計 】

    発行時期: 2019/02/01
    審議団体:一般社団法人電気学会

    規格概要

    紹介文

  • IEC TS 63042-201 ED1(IEC/TC122)

    UHV AC transmission systems: Part 201: UHV AC substation design 【UHV AC電送システム-第201部:UHV AC変電所の設計 】

    発行時期: 2019/02/01
    審議団体:一般社団法人電気学会

    規格概要

    紹介文

  • IEC TS 63042-301 ED1 (IEC/TC122)

    UHV AC transmission systems: Part 301: On-site acceptance tests 【UHV送電システムの現地受入試験】

    発行時期:2019/02/01
    審議団体:一般社団法人電気学会

    規格概要

    紹介文

2018年11月 掲載 2018/11/15
  • ISO 19847 (ISO/TC8/SC6)

    Ship and marine technology –Shipboard data servers to share field data at sea 【船舶及び海洋技術-海上における共有現場データに対する船上データサーバー】

    発行時期:2018/10/05
    審議団体:一般財団法人日本船舶技術研究協会

    規格概要

    規格では、船上データサーバーの性能、機能、環境要件、設置要件等に加えて、データの入出力管理や試験要件を定めている。また、データサーバーに機器との連携や安全性等を確保するため、データの冗長性の確保(RAID等)、入出力機能として船内LAN及びイーサネットを有すること、保存データのバックアップ機能、不正アクセスからの保護機能の要件も定めている。

    紹介文

    今後の海事分野におけるIoT、ビッグデータの活用が促進され、船舶の安全運航及び船員の労務軽減、自動運航船の実現に貢献するとともに、データの活用による今後のアプリケーション開発やサイバーセキュリティー対策の検討に際して我が国の事業者が先行者メリットを受けることができるなど、我が国海事産業界の国際競争力の強化及び活性化に繋がることが期待されます。

  • ISO 19848 (ISO/TC8/SC6)

    Ship and marine technology –Standard data for shipboard machinery and equipment 【船舶及び海洋技術-船上機械及び機器のための標準データ】

    発行時期:2018/10/16
    審議団体:一般財団法人日本船舶技術研究協会

    規格概要

    規格では、データチャネル(唯一データとして取り扱うための標準)、時系列データ、データ構成等を定める。また、データ標準化のための方法、データIDの例として、機関関係データを定めたjsmea mac及び DNVGL-VISの方式が示されている。

    紹介文

    今後の海事分野におけるIoT、ビッグデータの活用が促進され、船舶の安全運航及び船員の労務軽減、自動運航船の実現に貢献するとともに、データの活用による今後のアプリケーション開発やサイバーセキュリティー対策の検討に際して我が国の事業者が先行者メリットを受けることができるなど、我が国海事産業界の国際競争力の強化及び活性化に繋がることが期待されます。

  • ISO 4945 (ISO/TC17/SC1)

    Steel-Determination of nitrogen-Spectrophotometric method 【鋼-窒素の定量方法-光度測定法】

    発行時期:2018/10/16
    審議団体:一般社団法人日本鉄鋼連盟

    規格概要

    窒素定量方法-アンモニア蒸留分離インドフェノール青吸光光度法

    紹介文

    国際共同実験の結果を受けて、適用範囲に高合金鋼を含め、低合金鋼における窒素含有率(質量分率)の下限値を0.002 mass %から0.000 6 mass %(高合金の下限値は0.01 mass %)に拡大した。

  • ISO 20894 (ISO/TC20/SC1)

    Aircraft -- LED based taxiing lightsystem -- General requirements 【航空機-LEDベースの誘導灯システム-一般要件】

    発行時期:2018/09/11
    審議団体:一般社団法人日本航空宇宙工業会

    規格概要

    LEDを光源とする航空機のタキシーライト及びランウェイターンオフライトに対する、全般的な機能要求に関する規格

    紹介文

    LEDは低消費電力と長寿命を活かした整備工数低減効果から航空機用照明の光源として注目されてきている。しかし、従来はタキシーライトやランウェイターンオフライトのように大きな光束と輝度を持つLEDが無かったため、LEDがタキシーライトやランウェイターンオフライトの光源に採用されることは無かった。近年、大きな光束と輝度を持つLEDが開発され始めたことを受けて、本規格ではLEDを光源とするタキシーライト及びランウェイターンオフライトに対する全般的な機能要求を規定する。

  • ISO 433 (ISO/TC20/SC1)

    Conveyor belts – Marking 【コンベヤーベルト-マーク】

    発行時期:2017/10/25
    審議団体:ISO/TC41ベルト国内審議委員会

    規格概要

    コンベヤゴムベルトの表示(刻印)

    紹介文

    日本提案により、表示間隔等を変更した。

  • ISO 505 (ISO/TC41/SC3)

    Conveyor belts – Method of the determination of the tear propagation resistance of textile conveyor belts コンベヤーベルト-繊維性コンベヤーベルトの引裂伝播抵抗測定法

    発行時期:2017/10/19
    審議団体:ISO/TC41ベルト国内審議委員会

    規格概要

    コンベヤゴムベルトの引裂き抵抗力の測定方法

    紹介文

    日本提案により、図を変更した。

  • ISO 21183-2 (ISO/TC41/SC3)

    Light conveyor belts – Part 2: List of equivalent terms

    発行時期:2018/12
    審議団体:ISO/TC41ベルト国内審議委員会

    規格概要

    ライトコンベヤベルトの各国同意語集

    紹介文

    日本語を新規に追加した。

  • ISO 21433 (ISO/TC123/SC6)

    Plain bearings -- Handling of plain bearings 【滑り軸受-滑り軸受の取扱い】

    発行時期:2018/10/15
    審議団体:一般社団法人日本機械学会

    規格概要

    一般の機械作業従事者を対象とした滑り軸受の取り扱い法を規定する。

    紹介文

  • ISO 10303-62 (ISO/TC184/SC4)

    Industrial automation systems and integration -- Product data representation and exchange -- Part 62: Integrated generic resource: Equivalence validation of product data 【産業オートメーションシステム及びその統合-製品データの表現及び交換-第62部:統合一般リソース:製品テータの同等性バリデーション】

    発行時期:2018/10/03
    審議団体:一般財団法人製造科学技術センター

    規格概要

    2つの製品データ(データ変換前後を含む)の同等性を検証するための規格である。 世界の自動車産業、航空機産業の要請に応えたもので、主な使い道としては; (1) 長期保存のContextで、保存されていたデータが意図したものか否かの確認 (2) 設計変更前後のデータの比較による設計変更箇所の確認 (3) CADバージョンアップ前後のデータの比較による、バージョンアップの妥当性の確認 (4) データ変換前後のデータの比較による、データ変換の正しさの検証 などがある。

    紹介文

    首尾よく開発が進んで、予定通りのIS発刊に至った主な理由は以下である。 (1) NWI提案前に主要国に規格開発の意図、狙い、予想効果を十分に説明し同意を得たこと (2) Boeing, Airbus, ProSTEP, NISTなど製造業に絡む海外の有力な組織の代表者を開発組織に含めた国際プロジェクトで開発し、各国のニーズや意見を定期的な国際teleconferenceで収集して、合意形成を図ったこと。このためCD ballot, DIS ballotは常に全会一致の承認であった。 20

  • ISO 16300-1 (ISO/TC184/SC5)

    Automation systems and integration -- Interoperability of capability units for manufacturing application solutions -- Part 1: Interoperability criteria of capability units per application requirements 【オートメーションシステム及びその統合-製造アプリケーションソリューションに対する機能ユニットの相互運用性-第1部:適用要求事項ごとの機能ユニットの相互運用性の基準】

    発行時期:2018/09/28
    審議団体:一般財団法人製造科学技術センター

    規格概要

    生産アプリケーションシステムの機能要件と相互運用性基準を表すためのフレームワークを規定している。これは、機能要素の単位である生産ソフトウェアユニットの集合によって提供される機能の観点で、製造アプリケーションへの要求とソリューションを記述するためのフレームワークでもある。

    紹介文

    ISO 16100(プラットフォームに非依存な生産ソフトウェアユニットの相互運用性を確保することを目的とした国際標準)を活用して、生産ソフトウェアの相互運用による便益を上げるための国際標準であるISO 16300の第1部であり、シリーズ全体を概観できベースとなる考え方を知ることができる。

  • ISO 13084 (ISO/TC201/SC6)

    Surface chemical analysis -- Secondary ion mass spectrometry -- Calibration of the mass scale for a time-of-flight secondary ion mass spectrometer

    発行時期:2019/02
    審議団体:表面化学分析技術国際標準化委員会

    規格概要

    飛行時間形二次イオン質量分析法の質量軸の校正。大きな質量に対応できるよう内部添加法を追加。

    紹介文

    TOF-SIMSの質量軸の校正法である。従来の規格では大きな質量を校正できない問題があった。この問題に対応するため、日本主導で内部添加法を追加した。

  • ISO TS 16195 (ISO/TC229/JWG2)

    Nanotechnologies – Specification for developing representative test materials consisting of nano-objects in dry powder form

    発行時期:2018/11
    審議団体:産業技術総合研究所

    規格概要

    ナノ材料標準試料の作成方法とその要件に関する技術仕様

    紹介文

  • EC TR 63069 (IEC/TC65)

    Industrial-processmeasurement, control and automation – Framework for functional safety and security

    発行時期:2019/01
    審議団体:一般社団法人日本電気計測器工業会

    規格概要

    このテクニカル・レポート(TR)は、産業のプロセス計測・制御とオートメーションの領域でIEC 61508とIEC 62443の一般的適用のガイダンスを提供します。この文書は、IEC 61508とIEC 62443が適用される他の産業界に適用されるかもしれません。

    紹介文

    工業用プロセス計測制御及びオートメーション(Industrial-process measurement, control and automation)の安全については機能安全規格IEC 61508が1999年-2000年にかけて制定され、現在では水平規格として他の分野でも幅広く参照されている。また、「産業分野」のセキュリティについてもIEC 62443シリーズとして順次規格化が進められている。 今後は、安全、セキュリティ両方の分野の専門家の協力が必要となるが、両方の分野の専門家の間ではアプローチどころか用語も全く異なるのが現状である。そこで両者の間の橋渡しをして不整合を解決して両立させるための方法論が待たれており、本規格はこれに応えるものである。

2018年10月  掲載 2018/10/22
  • ISO TS 21979 (ISO/TC20/SC14)

    Space environment (natural and artificial) -- Procedure for obtaining worst case and confidence level of fluence using the quasi-dynamic model of earth's radiation belts 【宇宙環境(自然及び人工)-地球電離帯の準動力学的モデルを使用する流束量の最悪状況及び信頼水準を求めるための手順】

    発行時期:2018/8/24
    審議団体:一般社団法人日本航空宇宙工業会

    規格概要

    宇宙機の運用期間を考慮した放射線帯粒子(電子、陽子、Heイオン)のフラックス計算方法。放射線帯の電子、陽子及びHeイオンの1日の各Fluxの最悪値を予測するために、太陽電波強度(F10.7))、太陽風速度(SW)と磁気活動指数(Ap)のみを使って数日先のFluxを予測するシンプルな動的予測モデル。JAXA宇宙環境グループの研究成果及びJAXA設計標準の内容がベース。

    紹介文

  • ISO 20418-2 (ISO/TC38)

    Textiles -- Qualitative and quantitative proteomic analysis of some animal hair fibres -- Part 2: Peptide detection using MALDI-TOF MS 【繊維- 一部の動物の毛髪繊維の定性的及び定量的プロテオーム解析-第2部:MALDI-TOF MSの使用によるペプチド検出】

    発行時期:2018/8/30
    審議団体:一般社団法人繊維評価技術協議会

    規格概要

    蛋白繊維鑑別方法

    紹介文

    FDISスキップで発行 となったため、事後 連絡となりました。

  • ISO 18935 (ISO/TC42)

    Imaging materials -- Colour images -- Determination of water resistance of printed colour images 【イメージング材料-カラーイメージ-印刷されたカラーイメージの耐水性の測定】

    発行時期:2018/8/31
    審議団体:ISO/TC42国内協議会

    規格概要

    カラー画像材料の耐水性試験法に関する規定。

    紹介文

    2016年に発行されたISO 18935 ed.2(カラー画像材料の耐水性試験法)のMinor Revision賛否を問うもの。承認されたDIS文書にあった記載が発行時に削除されていたため、元に戻すことが合意された。

  • ISO TR 21784 (ISO/TC123/SC7)

    Plain bearings -- Spray nozzle type directed lubrication for tilting pad bearings 【滑り軸受-ティルティングパッド軸受用のスプレイノズルタイプ直接潤滑】

    発行時期:2018/9/13
    審議団体:一般社団法人日本機械学会

    規格概要

    一般的な油浴潤滑における攪拌損失を20~40 %程度減少出来る、画期的な直接潤滑法を規定する。

    紹介文

    -

  • ISO 22507 (ISO/TC123/SC7)

    Plain bearings -- Fluid film bearing materials for vehicular turbocharge 【滑り軸受-自動車ターボチャージャ用流体膜材料】

    発行時期:2018/8/29
    審議団体:一般社団法人日本機械学会

    規格概要

    耐熱特性を持ち、腐食に強い、自動車エンジン過給機用滑り軸受けの材料を規定する。

    紹介文

    -

  • ISO 19916-1 (ISO/TC160/SC1)

    Glass in building – Vacuum Insulating Glass – Part1: Basic specification of products and evaluation methods for thermal and sound insulating performance 【建築用ガラス-真空断熱ガラス-第1部:断熱及び遮音性能の手順及び評価方法の基本仕様】

    発行時期:2018/10/12
    審議団体:板硝子協会

    規格概要

    真空ガラスの基本仕様と断熱・遮音性能の評価方法

    紹介文

    日本において世界で初めて製品化された断熱ガラス「真空ガラス」の国際規格を開発。日本提案により設立したISO/TC160/SC1/WG10にて審議を主導し、国際規格の発行に漕ぎ着けました。

  • ISO 20140-2 (ISO/TC184/SC5)

    Automation systems and integration -- Evaluating energy efficiency and other factors of manufacturing systems that influence the environment -- Part 2: Environmental performance evaluation process 【オートメーションシステム及びその統合-環境に影響を及ぼす製造システムのエネルギー効率及びその他の要因の評価-第2部:環境パフォーマンス評価プロセス】

    発行時期:2018/7/31
    審議団体:一般財団法人製造科学技術センター

    規格概要

    製造工場に設置された製造システムのエネルギー効率等の環境性能の評価プロセスについて規定する。

    紹介文

    製造システムのエネルギー効率等の環境性能を評価する場合、評価の目的によって評価の対象や範囲も異なり多種多様である。このような背景のもと、本規格は、環境性能評価を行うための評価仕様の開発に始まり、それに基づく環境KPIの決定及び計算、さらに評価結果の報告といった環境性能評価のプロセスについて規定している。

  • ISO 21255 (ISO/TC281)

    Fine bubble technology - Storage and transportation of ultrafine bubble dispersion in water 【ファインバブル技術-水中の超微細気泡分散の保存及び輸送】

    発行時期:2018/10/12
    審議団体:一般社団法人ファインバブル産業会

    規格概要

    この文書では、ウルトラファインバブルの貯蔵および輸送のための手順および装置を規定。このようなウルトラファインバブルを維持するために関連する要件としてサイズと個数濃度としての特性を規定。

    紹介文

    -

  • IEC 60286-5 (IEC/TC40)

    PACKAGING OF COMPONENTS FOR AUTOMATIC HANDLING –Part 5: Matrix trays 【自動取扱いのための部品の包装-第5部:マトリックストレイ】

    発行時期:2018/4/25
    審議団体:一般社団法人電子情報技術産業協会

    規格概要

    包装 マトリクストレイ

    紹介文

    電子部品の包装材料のひとつとしてテスト、ベーキング、輸送/保管、および実装設備において取り扱いを容易にするように構成されたマトリクストレイがある。本規格ではその一般的な設計ルールを規格化している。今回2009年に発行された第2版(改正版)の全面見直しを行い第3版として発行した。

  • IEC 60297-3-110 (IEC/TC48/SC48D)

    Mechanical structures for electrical and electronic equipment - Dimensions of mechanical structures of the 482,6 mm (19 in) series - Part 3-110: Residential racks and cabinets for smart houses 【電子機器の機械構造-482.6 mm (19インチ)シリーズの機械構造の寸法-第3-110部:スマートハウス用の住居ラック及びキャビネット】

    発行時期:2018/8/15
    審議団体:一般社団法人電子情報技術産業協会

    規格概要

    電子機器の機械構造-482.6 mm (19インチ)シリーズの機械構造の寸法-第3-110部:スマートハウス用の住居ラック及びキャビネット

    紹介文

    -

  • IEC 62610-2 (IEC/TC48/SC48D)

    Mechanical structures for electrical and electronic equipment - Thermal management for cabinets in accordance with IEC 60297 and IEC 60917 series - Part 2: Method for the determination of forced air cooling structure 【電子機器の機械的構造-IEC 60297及びIEC 60917シリーズによるキャビネットの熱管理-第2部:強制空気冷却構造の決定方法】

    発行時期:2018/5/16
    審議団体:一般社団法人電子情報技術産業協会

    規格概要

    電子機器の機械的構造-IEC 60297及びIEC 60917シリーズによるキャビネットの熱管理-第2部:強制空気冷却構造の決定方法

    紹介文

    -

  • IEC 61784-5-20 (IEC/TC65/SC65C)

    Industrial communication networks - Profiles - Part 5-20: Installation of fieldbuses - Installation profiles for CPF 20 【工業用コミュニケーションネットワーク-プロファイル-第5-20部:フィールドバスの設置-CPF 20の設置プロファイル

    発行時期:2018/8/30
    審議団体:一般社団法人日本電気計測器工業会

    規格概要

    工業用コミュニケーションネットワーク-プロファイル-第5-20部:フィールドバスの設置-CPF 20の設置プロファイル

    紹介文

    鉄道、電力、上下水道、製造業などの社会インフラを支えるシステムに広く適用されている、自律分散システム技術(ADS-net: Autonomous Decentralized System - network)が、IEC 61784-5-20 (産業ネットワークの据付・配線規格)として規格成立した。残るADS-netのプロトコル等の仕様についても2018年度末に規格成立予定。今後、ADS-netとの親和性が高いIIoT (Industrial IoT)システムにも広く適用されていくことが期待される。

  • IEC 61784-5-21 (IEC/TC65/SC65C)

    Industrial communication networks - Profiles - Part 5-21: Installation of fieldbuses - Installation profiles for CPF 21 【工業用コミュニケーションネットワーク-プロファイル-第5-21部:フィールドバスの設置-CPF 21の設置プロファイル】

    発行時期:2018/8/30
    審議団体: 一般社団法人日本電気計測器工業会

    規格概要

    工業用コミュニケーションネットワーク-プロファイル-第5-21部:フィールドバスの設置-CPF 21の設置プロファイル

    紹介文

    FL-net (FA Link network)は、多くの異メーカ間のPLCやコントローラを容易に接続できるマルチベンダ産業用イーサネットである。FL-netは他の産業用イーサネットのように特定メーカ主導で開発されたネットワークではなく、日本自動車工業会からの要求仕様に対して、国内の制御機器メーカ数十社が共同で開発した日本発祥のオープンネットワークである。今回発行された規格は敷設の仕様を規定しており,年度内には通信プロトコルの仕様を規定した規格も発効される。

  • IEC 62899-403-1 (IEC/TC119)

    Printed electronics - Part 403-1: Printability - Requirements for reproducibility - Basic patterns for evaluation of printing machine 【プリンテッドエレクトロニクス-第403-1部:印刷適性-再現性の要求事項-印刷機械の評価のための基本パターン 】

    発行時期:2018/6/21
    審議団体:一般社団法人電子情報技術産業協会

    規格概要

    プリンテッドエレクトロニクス-第403-1部:印刷適性-再現性の要求事項-印刷機械の評価のための基本パターン

    紹介文

    -

2018年09月 掲載 2018/09/21
  • ISO 19711-1 (ISO/TC195/SC1)

    Building construction machinery and equipment -- Truck mixers - Part 1:Termininology and commercial specifications 【建築機械及び機器-トラックミキサ-第1部:用語及び商用仕様】

    発行時期:2018/8/6
    審議団体:一般社団法人日本建設機械施行協会

    規格概要

    コンクリート及びモルタル又はそれらの材料を混練し、建設現場へ運搬するトラックミキサに関する用語及び商業仕様を定義する

    紹介文

    日本が議長国を務めるISO/TC 195/SC 1コンクリート工事用機械及び装置では、コンクリートポンプ・コンクリートミキサ等の用語、試験方法を規格化した実績がある。近年、米国・中国・韓国が新業務提案を行っていることから、日本からもWGコンビナーを擁立し、代表的な製品であるトラックミキサの規格化を行った。

  • IEC TS 62399-3-1 (IEC/TC120)

    ELECTRICAl ENERGY STRAGE (EES) SYSTEMS - Part 3-1: Planning and performance assessment of electrical energy storage systems - General specification

    発行時期:2018/8/29
    審議団体:IEC TC120国内委員会

    規格概要

    EESSの計画、設置に関する一般規定

    紹介文

    蓄電池システムの計画、設置に関する規定で、エネルギー源に因らない共通一般事項についてまとめています。

2018年08月 掲載 2018/08/21
  • ISO 17339 (ISO/TC8/SC1)

    Ships and marine technology -- Sea anchors for survival craft and rescue boats 【船舶及び海洋技術-救命及び防火-救命ボート及び救助艇のシーアンカー】

    発行時期:2018/7/19
    審議団体:一般社団法人日本船舶技術研究協会

    規格概要

    国際海事機関(IMO)が定める救命設備コードに従って救命艇及び救助艇に備えるシーアンカー(錨)の設計、性能及び試験方法に係る要求事項を取りまとめたもの。

    紹介文

    シーアンカーとは、漂流中の救命艇や救命いかだから水中に投入し、救命いかだ等の姿勢を保持して安定性を保つための船舶の法定装備品です。シーアンカーには、欧米でよく使われるコーン型と日本で主流となっているパラシュート型がありますが、ISO 17339:2002では、コーン型を代表例として規格化されていました。このため、パラシュート型製品にも適合する規格を日本が作成・提案し主導して開発を進め、この度、日本提案が盛り込まれた改訂ISO規格が制定されました。これにより、国内で製造されるシーアンカーも国際規格に適合させることができるようになりました。

  • ISO 27919-1 (ISO/TC265)

    Carbon dioxide capture-Part1; Performance evaluation methods for post-combustion CO2 capture integrated with a power plant 【二酸化炭素の回収-第1部:発電所に統合された燃焼後CO2の回収のパフォーマンス評価方法】

    発行時期:2018/9
    審議団体:公益財団法人地球環境産業技術研究機構

    規格概要

    火力発電所における石炭等の燃焼排ガス中の二酸化炭素を、化学吸収液を使った化学吸収法で回収する燃焼後回収プラントの性能評価方法を規定する規格であり、エネルギー消費量、電力消費量等の性能を評価するための指標を5つのKPI(key performance indicator)として定義し、その計算方法を示す。またPCCプラントのシステムバウンダリ、PCCプラントの基本性能、低圧/高圧蒸気等のユーティリティの定義とその消費量計算方法、PCCプラントのテスト方法、測定装置と計測方法等を規定する。

    紹介文

    火力発電所における石炭等の燃焼排ガス中の二酸化炭素を化学吸収液を使った化学吸収法で回収する燃焼後回収技術の性能評価方法を規定したISO標準です。二酸化炭素の大気中への排出を削減する目的のCCS(二酸化炭素回収貯留)に関するISO標準整備の一環として開発されました。

  • ISO 20071-23 (ISO/IEC JCT1/SC35)

    Information technology -- User interface component accessibility -- Part 23: Visual presentation of audio information (including captions and subtitles) 【情報技術-ユーザインタフェースコンポーネントアクセシビリティ-第23部:オーディオ情報の視覚的表現(見出し及び字幕を含む)】

    発行時期:2018年末
    審議団体:一般社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会

    規格概要

    主に聴覚障害者のための情報保証を目的とした、動画に用いる字幕に関する国際標準

    紹介文

2018年07月 掲載 2018/07/13
  • ISO TS 20991 (ISO/TC20/SC14)

    Space systems - Requirements for small spacecraft
    【宇宙システム-小型宇宙船の要求事項】

    発行時期:2018年7月
    審議団体:一般社団法人日本航空宇宙工業会

    規格概要

    超小型衛星を定義した。低コスト・単能機を追及する超小型衛星とジュライ衛星の違い。襲来衛星の規格体系の内、超小型衛星が「衛星」として準拠しなければいけない規格を明確化した。

    紹介文

    -

  • ISO 16169(ISO/TC 33)

    Preparation of silicone carbide and similar materials for subsequence analysis by ISO 12677 X-ray fluorescence (XRF)- Fused cast-bead method
    【ISO 12677蛍光X線(XRF)による分析のための炭化ケイ素及び類似材料の調製-融解キャストビード法】

    発行時期:2018/9
    審議団体:耐火物技術協会

    規格概要

    SiC 含有耐火物の蛍光X線分析方法

    紹介文

    SiC含有耐火物は、ガラスビード作製の融解過程でSiCが酸化して質量増加するため、蛍光X線分析は出来ないとされていた。この規格のベースとなったJIS R 2011 附属書3は、この問題を解消した画期的な分析方法である。

  • ISO 16063-44 (ISO/TC 108)

    Methods for the calibration of vibration and shock transducers - Part 44: Calibration of field vibration calibration
    【振動及び衝撃トランスデューサの校正方法-第44部:現場振動校正器の校正 】

    発行時期:2018年6月
    審議団体:一般社団法人日本機械学会

    規格概要

    振動加速度計を現場で簡易的に校正するフィールド用振動校正装置の校正法を規定する。

    紹介文

    -

  • ISO 20596-1(ISO/TC147/SC 2)

    Determination of cyclic volatile methylsiloxanes in water -- Part 1: Method using purge and trap with gas chromatography-mass spectrometry (GC-MS)
    【水質-揮発性環状メチルシロキサンの測定-第1部:パージ及びトラップガスクロマトグラフィ質量分析法(GC-MS)を用いた方法】

    発行時期:2018年6月
    審議団体:一般社団法人日本産業環境管理協会

    規格概要

    ガスクロマトグラフ質量分析計を用いて、同位体希釈法により水中の揮発性環状メチルシロキサンの 濃度を測定するものである。この分析方法は、対象化合物に揮発性環状メチルシロキサンの4~6量 体(D4, D5, D6)を含み、表層水、地下水、及び廃水の水試料に適用できる。水試料の抽出にはパー ジトラップ法を用い、固相カートリッジに捕集した対象化合物を溶媒溶出し、GC-MSで測定する。

    紹介文

    埼玉県環境科学国際センターは、戦略的国際標準化加速事業(経済産業省)のサポートを受け、高精度・高感度で対象物質の濃度を測定する方法を開発し、国際規格としました。当該規格化に際しては、埼玉県環境科学国際センター職員(堀井研究員)がTC147/WG72のコンビーナを務め、日本主導で規格立案から策定までを達成しました。

  • ISO 71112(ISO/TC172/SC3)

    Optics and photonics -- Optical materials and components -- The powder test method for the water resistance of optical glass

    発行時期:2018年12月
    審議団体:日本光学硝子工業会

    規格概要

    光学ガラスの粉末法耐水性試験

    紹介文

    光学ガラスにおける水溶液中への溶出量評価を比較的短い時間で行える粉末法耐水性試験方法と、その質量減少率の等級表示について規定している。

  • ISO 14080(ISO/TC207/SC7)

    Greenhouse gas management and related activities — Framework and principles for methodologies on climate actions
    【温室効果ガス管理及び関連活動-気候変動対策行動に関する方法論の枠組み及び原理】

    発行時期:2018年6月
    審議団体:一般社団法人産業環境管理協会

    規格概要

    本規格は、以下に関するアプローチ及びプロセスを構築するための原則を伴うフレームワークを記載する。
    ・ 方法論の特定、評価、改定
    ・ 方法論の開発
    ・ 方法論の管理
    本規格は、適応とその影響、GHG緩和を含めた持続可能性を支援する、気候変動に関連する気候アクションに対して適用する。アクションとしては、プロジェクト、組織、自治体、経済的セクター、技術、製品、政策、制度などが対象となりえる。
    注記:この規格は、具体的な方法論に対する要求事項は規定しない 。

    紹介文

    -

  • ISO TR 21245(ISO/TC269)

    Railway project planning process – Guidance on railway project planning

    発行時期:2018年12月
    審議団体:公益財団法人鉄道総合技術研究所

    規格概要

    鉄道プロジェクトの計画に関するガイダンス

    紹介文

    本書は、鉄道プロジェクトに関わる一般事項/用語や基本因子とそれらの関係性を解説し、計画策定におけるキーポイントを明らかにする技術報告書です。本書を活用することで、鉄道プロジェクト経験の乏しい発注側が期待するプロジェクトの成果に近づけることができるようになるだけでなく、コンサルタントなど受注側にとっても、プロジェクト初期段階でのコストや時間といったリソース節減が期待されます。

  • IEC TR 62246-3(IEC/TC 94))

    Reed switches - Part 3:Reliablity data for reed switch-devices in typical safety applications
    【リードスイッチ-第3部:典型的な安全用途におけるリードスイッチ装置の信頼性データ 】

    発行時期:2018年6月
    審議団体:一般社団法人日本電気制御機器工業会

    規格概要

    機械安全規格や機能安全規格が要求するリスク評価に対する信頼性データを提供します。

    紹介文

    故障率をB10値及びフィールドデータから試算する方法・手順を各適用事例で示しています。

2018年06月 掲載 2018/06/07
  • IEC 62853 (IEC/TC56)

    Open Systems Dependability
    【オープンシステムディペンダビリティ】

    発行時期:2018年6月
    審議団体:日本規格協会

    規格概要

    IoT、SOS時代特有のディペンダビリティ課題を同定することにより、想定外の事態下においても可能な限りディペンダビリティを確保し、さらにアシュランスケースでその経過を客観的に提示するための指針を与える。

    紹介文

    -