NEWS TOPICS

会員向け情報はこちら

ニューノーマル×スマートワーク

ニューノーマル×スマートワーク

スマートワークとはスマートワークと「テレワーク」「フレキシブルワーク」の違い
スマートワークにおいて最も重要なポイントスマートワークと標準

スマートワークとは

スマートワークは、業務実施の最適化に焦点をおきながら、ICTの活用によって従業員が「いつでもどこからでも働くこと」を可能とする「組織文化」「ワークスタイル」「ワークスペース」を構築することで、生産性の向上、ワークスタイルの多様化、従業員のウェルビーイングの向上、組織内での協同の文化の醸成、環境負荷の削減や財務改善に寄与し、組織の継続的な事業発展と機敏性の向上に資するものです。

コロナ禍において、組織は継続的な事業発展のために、今までの事業の在り方を見直す必要が出てきました。テレワークを含む新しい働き方の導入が進んだ一方で、多様な働き方においていかに生産性を上げるかが、組織にとっての課題にもなっています。

スマートワークのアプローチに従い、自社の「組織文化」「ワークスタイル」「ワークスペース」を見直すことによって、組織・従業員・環境の3方にメリットをもたらしながら組織の持続的発展に繋げることができます。

スマートワークと「テレワーク」「フレキシブルワーク」の違い

テレワークとは、ICT技術の活用によって、主となる職場に限らず、サテライトオフィスや自宅、カフェなど様々な場所で働くことを可能とする働き方であり、ワークプレイス(働く場所)とワークスタイル(働き方)に対する柔軟性を与えるものです。

フレキシブルワークは、働く時間・場所に対する自由度を高めた様々な勤務形態を取り入れることによって、ワークプレイス(働く場所)とワークスタイル(働き方)に対する柔軟性を与えるものです。

スマートワークを実現するための手段の一つとして「テレワーク」や「フレキシブルワーク」を導入することで、スマートワークの実現に一歩近づくことができます。

スマートワークにおいて最も重要なポイント

①ワークスタイル(様々な柔軟な働き方の選択肢の提供)

  • 柔軟な働き方を実現するために考えるべきなのは“時間”と“場所”に対する柔軟性です。
  • ただし、あくまで(環境、生産性、財務上などの観点から)“効果的な働き方”を実現することを目的とすることが重要です。

②ワークスペース(柔軟な働き方を可能にする仕事環境)

  • ワークスペースは、個別化された仕事に焦点を置く個人毎の仕事空間から、やりとり・チームワークを支援・促進する協同のスペースに重点を置くことが重要であり、それを実現できるようなアクティビティベースの仕事空間を作り上げる必要があります。

③文化(柔軟な働き方を可能とするための組織文化の改革)

  • 伝統的な労働文化である“職場に「いること」”の重視から脱却し、結果を重視する組織文化を構築することが重要です。

スマートワークと標準

スマートワークに関する規格


スマートワークに関する規格としては、BSI(英国規格協会)発行のPAS 3000 :2015(スマートワーク―実施規範)があります。これは、スマートワークの実施のためのグッドプラクティスの確立に向けた推奨事項を提供する、BSIの公開仕様書(PAS)です。このPASは、組織、従業員、環境の3方にわたるメリットをもたらしながら、戦略的で統合的なスマートワークのアプローチを、具体的な手引とともに提供します。

このPASは、ワークスタイル、文化、ワークプレイスの構築という観点から、人事、不動産、技術の各分野にまたがる実施規範とグッドプラクティスをまとめている点が特徴であり、このような実施規範は他にありません。ウィズ/ポストコロナのニューノーマル時代に向けて、組織の継続的な事業発展を実現するための新しい働き改革の指南書としての活用ができます。また、このPASを用いて、現在の組織の状況に応じて段階的にスマートワークに取組むことによって、組織のレベルに応じた改革を進めることができます。

このPASは、業種・組織の規模に関わらずあらゆる規模の組織に適用できますが、特に組織のリーダーや管理者、スマートワークプログラムの実施を担当している人たちにとって、スマートワークを成功裏に実施するために、人、資産及び技術の各機能に対して行う必要がある措置の幅を理解する助けとなります。テレワークを導入する際の、社内コミュニケーションやチームワークのあり方のベストプラクティスのガイドラインとしての活用もおすすめです。

PAS 3000:2015 目次
PAS 3000:2015の購入はこちらから

ワークプレイスに関する規格


スマートワークでは、テレワークにおける作業環境(机、椅子、照明)を適切に整えることも重要視されています。そこで適切な作業環境の構築に役立つ規格をご紹介します。

JIS Z 8515:2002
人間工学―視覚表示装置を用いるオフィス作業―ワークステーションのレイアウト及び姿勢の要求事項
JIS Z 8516:2007
人間工学―視覚表示装置を用いるオフィス作業―作業環境に関する指針
JIS S 1061:2004
家庭用学習机
JIS S 1062:2004
家庭用学習いす
JIS Z 9110:2010
照明基準総則
情報セキュリティに関する規格

スマートワークによって働く場所の多様化を進めるにあたり忘れてはならない重要なポイントの一つが、情報セキュリティの確保です。そこで組織としての情報セキュリティ対策に役立つ規格をご紹介します。

JIS Q 27001:2014
情報技術―セキュリティ技術―情報セキュリティマネジメントシステム―要求事項
JIS Q 27000:2019
情報技術―セキュリティ技術―情報セキュリティマネジメントシステム―用語
JIS Q 27002:2014
情報技術―セキュリティ技術―情報セキュリティ管理策の実践のための規範
JIS Q 27017:2016
情報技術-セキュリティ技術-JIS Q 27002に基づくクラウドサービスのための情報セキュリティ管理策の実践の規範

自社のスマートワークの取組み・指針を「規格」にしませんか?
JSAは、国内・国際共に従来の制度にとらわれない規格開発ニーズが高まっていることを踏まえ、企業等の依頼を受けて、透明性・公平性及び客観性を確保した民間規格としてJSA規格を開発・発行する制度を創設しました。この制度を活用し、自社のスマートワークの取組み、指針を「規格」とすることができます。
JSA規格の開発にご興味のある方、ご相談は、こちらから。

ニューノマル×スマートワーク

スマートワークとは

スマートワークは、業務実施の最適化に焦点をおきながら、ICTの活用によって従業員が「いつでもどこからでも働くこと」を可能とする「組織文化」「ワークスタイル」「ワークスペース」を構築することで、生産性の向上、ワークスタイルの多様化、従業員のウェルビーイングの向上、組織内での協同の文化の醸成、環境負荷の削減や財務改善に寄与し、組織の継続的な事業発展と機敏性の向上に資するものです。

コロナ禍において、組織は継続的な事業発展のために、今までの事業の在り方を見直す必要が出てきました。テレワークを含む新しい働き方の導入が進んだ一方で、多様な働き方においていかに生産性を上げるかが、組織にとっての課題にもなっています。

スマートワークのアプローチに従い、自社の「組織文化」「ワークスタイル」「ワークスペース」を見直すことによって、組織・従業員・環境の3方にメリットをもたらしながら組織の持続的発展に繋げることができます。

スマートワークと「テレワーク」「フレキシブルワーク」の違い

テレワークとは、ICT技術の活用によって、主となる職場に限らず、サテライトオフィスや自宅、カフェなど様々な場所で働くことを可能とする働き方であり、ワークプレイス(働く場所)とワークスタイル(働き方)に対する柔軟性を与えるものです。

フレキシブルワークは、働く時間・場所に対する自由度を高めた様々な勤務形態を取り入れることによって、ワークプレイス(働く場所)とワークスタイル(働き方)に対する柔軟性を与えるものです。

スマートワークを実現するための手段の一つとして「テレワーク」や「フレキシブルワーク」を導入することで、スマートワークの実現に一歩近づくことができます。

スマートワークにおいて最も重要なポイント

①ワークスタイル(様々な柔軟な働き方の選択肢の提供)

  • 柔軟な働き方を実現するために考えるべきなのは“時間”と“場所”に対する柔軟性です。
  • ただし、あくまで(環境、生産性、財務上などの観点から)“効果的な働き方”を実現することを目的とすることが重要です。

②ワークスペース(柔軟な働き方を可能にする仕事環境)

  • ワークスペースは、個別化された仕事に焦点を置く個人毎の仕事空間から、やりとり・チームワークを支援・促進する協同のスペースに重点を置くことが重要であり、それを実現できるようなアクティビティベースの仕事空間を作り上げる必要があります。

③文化(柔軟な働き方を可能とするための組織文化の改革)

  • 伝統的な労働文化である“職場に「いること」”の重視から脱却し、結果を重視する組織文化を構築することが重要です。

スマートワークと標準

スマートワークに関する規格


スマートワークに関する規格としては、BSI(英国規格協会)発行のPAS 3000 :2015(スマートワーク―実施規範)があります。これは、スマートワークの実施のためのグッドプラクティスの確立に向けた推奨事項を提供する、BSIの公開仕様書(PAS)です。このPASは、組織、従業員、環境の3方にわたるメリットをもたらしながら、戦略的で統合的なスマートワークのアプローチを、具体的な手引とともに提供します。

このPASは、ワークスタイル、文化、ワークプレイスの構築という観点から、人事、不動産、技術の各分野にまたがる実施規範とグッドプラクティスをまとめている点が特徴であり、このような実施規範は他にありません。ウィズ/ポストコロナのニューノーマル時代に向けて、組織の継続的な事業発展を実現するための新しい働き改革の指南書としての活用ができます。また、このPASを用いて、現在の組織の状況に応じて段階的にスマートワークに取組むことによって、組織のレベルに応じた改革を進めることができます。

このPASは、業種・組織の規模に関わらずあらゆる規模の組織に適用できますが、特に組織のリーダーや管理者、スマートワークプログラムの実施を担当している人たちにとって、スマートワークを成功裏に実施するために、人、資産及び技術の各機能に対して行う必要がある措置の幅を理解する助けとなります。テレワークを導入する際の、社内コミュニケーションやチームワークのあり方のベストプラクティスのガイドラインとしての活用もおすすめです。

PAS 3000:2015 目次
PAS 3000:2015の購入はこちらから

ワークプレイスに関する規格


スマートワークでは、テレワークにおける作業環境(机、椅子、照明)を適切に整えることも重要視されています。そこで適切な作業環境の構築に役立つ規格をご紹介します。

JIS Z 8515:2002
人間工学―視覚表示装置を用いるオフィス作業―ワークステーションのレイアウト及び姿勢の要求事項
JIS Z 8516:2007
人間工学―視覚表示装置を用いるオフィス作業―作業環境に関する指針
JIS S 1061:2004
家庭用学習机
JIS S 1062:2004
家庭用学習いす
JIS Z 9110:2010
照明基準総則

情報セキュリティに関する規格


スマートワークによって働く場所の多様化を進めるにあたり忘れてはならない重要なポイントの一つが、情報セキュリティの確保です。そこで組織としての情報セキュリティ対策に役立つ規格をご紹介します。

JIS Q 27001:2014
情報技術―セキュリティ技術―情報セキュリティマネジメントシステム―要求事項
JIS Q 27000:2019
情報技術―セキュリティ技術―情報セキュリティマネジメントシステム―用語
JIS Q 27002:2014
情報技術―セキュリティ技術―情報セキュリティ管理策の実践のための規範
JIS Q 27017:2016
情報技術-セキュリティ技術-JIS Q 27002に基づくクラウドサービスのための情報セキュリティ管理策の実践の規範

自社のスマートワークの取組み・指針を「規格」にしませんか?
JSAは、国内・国際共に従来の制度にとらわれない規格開発ニーズが高まっていることを踏まえ、企業等の依頼を受けて、透明性・公平性及び客観性を確保した民間規格としてJSA規格を開発・発行する制度を創設しました。この制度を活用し、自社のスマートワークの取組み、指針を「規格」とすることができます。
JSA規格の開発にご興味のある方、ご相談は、こちらから。