NEWS TOPICS

会員向け情報はこちら

標準化 最新動向

自動車の国際基準作りのキーパーソンが語る、自動運転車両の基準の最新動向~「自動運転の国際的なルール作りについてのシンポジウム」を開催します~

2020/11/27

<国土交通省の記事から抜粋>

国土交通省では、12月4日、一般ユーザや業界の皆様を対象とした「自動運転の国際的なルール作りについてのシンポジウム」を開催し、日中米欧の自動運転に関するルール作りのキーパーソンより、プレゼンテーションを行います。

自動運転車両の安全基準については、今年3月に国土交通省において国内基準を策定し、今年6月には国連自動車基準調和世界フォーラム(WP29)において国際基準が採択されるなど、議論が活発化しています。国土交通省では、WP29傘下の専門家会議等において共同議長等の役職を担い、官民オールジャパン体制で議論をリードしているところです。
引き続き、自動運転の国際基準の議論が活発に行われていることを踏まえ、一般ユーザや業界の皆様の自動運転車両の安全性に対する理解醸成のため、自動運転基準化研究所※1主催のもと、シンポジウムを開催し、自動運転車両の基準策定等に関する海外、日本の活動及びこれらに関する業界の活動についてプレゼンテーションを行います。
※1 自動運転の国際基準化にオールジャパンで対応するための、官民からなる連携組織。基準(強制規格)と標準(任意規格)の連携等を行うことで国際基準策定の活動を推進。

シンポジウムの概要等、本記事の詳細は国土交通省のページをご覧ください。

<出典:国土交通省のウェブサイトを加工して作成>
https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha10_hh_000240.html