ログインされていません

★注意:不具合情報★ Internet ExplorerのVer.8/Ver.9のお客様は、上記「Webdeskのよくある質問:Q11」を必ずご覧ください。

規格・書籍・物品の買い物かごがクリアされます。
ログイン情報がクリアされます。

Clicking OK clears the basket.
Clicking OK clears the login information.

会員向け情報

下記ダウンロード情報は会員登録(無料会員含む)された方のみお読みいただけます。
会員の方は、右上から”ログイン”してご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ会員登録(無料)していただき、様々な豊富なコンテンツをご覧ください。

 

規格票 JIS最新情報BOX

矢印審議開始予定JIS及びJIS案 (PDF)

ここでは、WTO/TBT協定第4条1項に基づいて国内外の関係者にJISの制定・改正前の意見提出期間(最低60日)を設けるために、平成29年4月20日に日本工業標準調査会(JISC)のホームページ(http://www.jisc.co.jp/)に公示されたJISを紹介します。各規格ごとに、JIS番号及び名称、担当課、同等性記号、基礎として用いた国際規格、ICSを掲載しています。
意見受付締切日は平成29年6月18日です。なお、掲載JISの概要については、JISCホームページをご覧ください。
*JISCホームページに掲載が無い場合は、各省庁担当窓口にお問い合わせください。

 

JIS規格の動き (PDF)
2017年3月21日~2017年4月20日に日本規格協会から発行された規格(3月、4月JSA Webdesk販売開始分)

JIS 建築分野(部門A)
JIS 機械分野(部門B)
JIS 電機分野(部門C)
JIS 化学分野(部門K)
JIS 管理システム/その他(部門Q, Z)
JIS その他の分野(部門A, B, C, K, Q, Z 以外)

=規格開発の現場から=
規格番号 規格 標題 コメント 掲載日
JIS X 9250 情報技術-セキュリティ技術-プライバシーフレームワーク(プライバシー保護の枠組み及び原則) 【6月公示予定の注目の規格】
この規格は、個人情報保護法に規定される“個人情報”にとどまらず、“プライバシー”という、より広い概念に対するフレームワークを定義し、個人識別可能情報の処理における関係者及びその役割を明確化した規格です。
2017/06/01
JIS B 9991 機械式駐車設備の安全要求事項 【話題のJIS規格の公示情報】
5月25日付けで新たなJISとして公示され、同日付けでJIS規格票として販売を開始しました。近年、マンション・大型ショッピングセンター等に設置されている立体駐車場内における事故等が散見されていることから、駐車場設備に関する「機械式設備の安全要求事項」をJISとして制定したものです。機械式駐車設備は、多様な人/所有者・建設業者(工事業者)・製造事業者・保守業者・管理者なとが取扱うため、注目されている規格です。 この規格は、ISO 12100に対応し、安全で高品質な機械式立体駐車場の海外展開がより一層推進することが期待されています。
【PR】*同規格に関するJIS規格説明会を当協会研修事業グループにおいて実施に向けての立案を行っていますので、ご興味がある方は購読メールのご登録をお願い致します。
2017/05/20
JIS B 8265 圧力容器の構造-一般事項 【8~9月公示予定の注目の規格】
この規格は、設計圧力30 MPa未満の圧力容器の構造について規定し、最近の生産及び使用の実態を踏まえて規定要素の充実が図られています。
2017/05/25
JIS Q 55001 アセットマネジメント-マネジメントシステム-要求事項 【8~9月公示予定の注目の規格】
この規格は、組織の状況におけるアセットマネジメントシステム要求事項について標準化を行い、生産及び使用の合理化に寄与する規格です。
2017/05/25
JIS B 8456-1 生活支援ロボット-第1部:腰補助用装着型身体アシストロボット 【8~9月公示予定の注目の規格】
この規格は、市場での信頼性向上や差別化等の有力な手段として性能の評価方法などを支援する新市場創造型標準化制度を活用したJISで、身体アシストロボットの品質・性能・安全性など生産及び使用の合理化、品質の向上に寄与する規格です。
2017/05/25
JIS B 8701 次亜塩素酸水生成装置 【8~9月公示予定の注目の規格】
この規格は、市場での信頼性向上や差別化等の有力な手段として性能の評価方法などを支援する新市場創造型標準化制度を活用したJISで、塩化物イオンを含む水溶液を電気分解し、有効塩素を含有する水を定格電圧250 V以下の生成装置など生産及び使用の合理化、品質の向上に寄与する規格です。
2017/05/25

 

▲ページトップへ

Copyright 2002-2017 Japanese Standards Association. All Rights Reserved.