ログインされていません

お知らせ

★システムメンテナンスのお知らせ★ 2018年7月30日(月) 18:00~21:00

規格・書籍・物品の買い物かごがクリアされます。
ログイン情報がクリアされます。

Clicking OK clears the basket.
Clicking OK clears the login information.

会員向け情報

下記ダウンロード情報は会員登録(無料会員含む)された方のみお読みいただけます。
会員の方は、右上から”ログイン”してご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ会員登録(無料)していただき、様々な豊富なコンテンツをご覧ください。

 

規格票 JIS最新情報BOX

矢印審議開始予定JIS及びJIS案 (PDF)

ここでは、WTO/TBT協定第4条1項に基づいて国内外の関係者にJISの制定・改正前の意見提出期間(最低60日)を設けるために、平成XX年X月X日に日本工業標準調査会(JISC)のホームページ(http://www.jisc.co.jp/)に公示されたJISを紹介します。各規格ごとに、JIS番号及び名称、担当課、同等性記号、基礎として用いた国際規格、ICSを掲載しています。
意見受付締切日は平成XX年X月X日です。なお、掲載JISの概要については、JISCホームページをご覧ください。
*JISCホームページに掲載が無い場合は、各省庁担当窓口にお問い合わせください。

 

JIS規格の動き (PDF)
20XX年X月X日~20XX年X月X日に日本規格協会から発行された規格(X月、X月JSA Webdesk販売開始分)

JIS 建築分野(部門A)
JIS 機械分野(部門B)
JIS 電機分野(部門C)
JIS 化学分野(部門K)
JIS 管理システム/その他(部門Q, Z)
JIS その他の分野(部門A, B, C, K, Q, Z 以外)

=規格開発の現場から=
規格番号 規格 標題 コメント 掲載日
JIS S 9100 飼い犬用引きひも(紐)- 強度及び表示 【03月公示予定の注目の規格】
この規格は、犬の飼養関連用品、特に散歩用として使用される「引きひも」について、不良及び誤使用によって大きな事故につながるおそれがあることなどから、引きひもの引張強度及び表示について標準化したものです。これにより、製品の引張強度及び使用方法が明確になり、安全・安心な引きひもが提供されることが期待されます。
2018/02/27
JIS C 60721-2-1 環境条件の分類-第2-1部:自然環境の条件-温度及び湿度 【03月公示予定の注目の規格】
この規格は、製品の使用に当たって、適切な温度及び湿度の厳しさを選択する際の基礎的なデータを示したものですが、対応国際規格の改訂に合わせ、屋外気候区分の定義や気候の型(9種類から5種類)に変更するなどの改正が行われています。
2018/02/27
JIS B 2420-1 マイクロOリング-第1部:形状,寸法及び測定方法 【03月公示予定の注目の規格】
この規格は、新市場創造型標準化制度に基づきケーイーエフ 株式会社様が開発された精密機器や電子機器などで用いられる「超精密用Oリング」の形状、寸法及び測定方法について標準化したものです。これにより製品の信頼性確保・認知度向上が図られることで、新たな市場が開拓され、製品の高品質化・高機能化も期待できます。
oring
<3/20追記>3月20日に2018年版が発売されました。
規格詳細・ご購入はこちら から。
2018/02/27
JIS C 9220 家庭用ヒートポンプ給湯機 【03月公示予定の注目の規格】
この規格は、主に家庭における入浴、洗面などに使用する温水の供給設備用に設計・製造した給湯機で、二酸化炭素(CO2)又はハイドロフルオロカーボン(HFC)を冷媒として用いた電動圧縮式・空気熱源方式のヒートポンプ、貯湯タンク、給湯制御機器、リモコンなどで構成する家庭用ヒートポンプ給湯機について標準化したものですが、その後の市場展開や技術進歩に対応し、HFC(R32)冷媒による製品やふろ熱回収機能搭載機種を考慮した内容として改正します。
2018/02/09
JIS K 6410-3 建築免震用積層ゴム支承-第3部:高耐久・高性能の仕様及び試験方法 【02月公示予定の注目の規格】
この規格は、建築物を地震から保護するための免震構造に使用する積層ゴム支承について、従来以上の性能をもつ高性能品を評価するための要求性能項目とその試験方法について標準化したものです。
2018/01/26
JIS S 0043 アクセシブルデザイン-視覚に障害のある人々が利用する取扱説明書の作成における配慮事項 【02月公示予定の注目の規格】
この規格は、視覚に障害のある人々が製品を安全かつ適切に使用できるようにするために、取扱説明書に対する配慮事項について標準化したものです。この規格により、取扱説明書及び製品のアクセシビリティ向上が期待されます。
2018/01/26

 

▲ページトップへ

Copyright 2002-2018 Japanese Standards Association. All Rights Reserved.