NEWS TOPICS

会員向け情報はこちら

標準化 最新動向

BSI発行ガイドライン「COVID-19パンデミック時の安全な働き方-組織のための一般的指針」のJSA参考訳の公開終了について

2020/12/18

1.お知らせ
英国規格協会(BSI)発行のガイドライン「COVID-19パンデミック時の安全な働き方-組織のための一般的指針」を基として作成されたISO/PAS 45005:2020「労働安全衛生マネジメント―COVID-19パンデミック下の安全な労働のための一般指針」が、2020年12月15日付で発行されました。
日本規格協会(JSA)では、コロナ禍での組織における安全性の確保と事業継続の両立への取組みの支援の一環として、BSI発行ガイドラインの参考訳を無償公開しておりましたが、ISO/PAS 45005:2020の発行に伴い、JSAでのBSI発行ガイドラインの参考訳の無償公開を終了とさせて頂きました。
何卒ご了承頂きますようお願いいたします。

※ISO/PAS 45005:2020につきましてはこちらからご覧頂けます。

2.COVID-19への組織の対応に役立つJIS規格
<事業継続、リスクマネジメント>
JIS Q 22301:2013 社会セキュリティ-事業継続マネジメントシステム-要求事項
JIS Q 22313:2014 社会セキュリティ-事業継続マネジメントシステム-手引
JIS Q 22320:2013 社会セキュリティ-緊急事態管理-危機対応に関する要求事項
JIS Q 31000:2019 リスクマネジメント-指針
<労働安全衛生>
JIS Q 45001:2018 労働安全衛生マネジメント-要求事項及び利用の手引
JIS Q 45100:2018 労働安全衛生マネジメントシステム-要求事項及び利用の手引-安全衛生活動などに対する追加要求事項
★ISO/TC283(労働安全衛生マネジメント)の規格開発動向はこちら
<テレワーク関連>
JIS Q 27001:2014 情報技術―セキュリティ技術―情報セキュリティマネジメントシステム―要求事項
JIS Q 27000:2019 情報技術―セキュリティ技術―情報セキュリティマネジメントシステム―用語
JIS Q 27002:2014 情報技術―セキュリティ技術―情報セキュリティ管理策の実践のための規範
JIS Q 27017:2016 情報技術-セキュリティ技術-JIS Q 27002に基づくクラウドサービスのための情報セキュリティ管理策の実践の規範
JIS Q 21500:2018 プロジェクトマネジメントの手引
JIS Z 8515:2002 人間工学―視覚表示装置を用いるオフィス作業―ワークステーションのレイアウト及び姿勢の要求事項
JIS Z 8516:2007 人間工学―視覚表示装置を用いるオフィス作業―作業環境に関する指針
JIS S 1061:2004  家庭用学習机
JIS S 1062:2004  家庭用学習いす
JIS Z 9110:2010  照明基準総則

  • JSAでは、今後もCOVID-19への組織の対応を支援するための参考情報を提供すべく、準備を進めており、上記情報も順次更新を予定しております。
  • COVID-19の世界的な感染拡大に伴い、ISO、IECでは関連する国際規格について無料閲覧/無償提供の措置を執っております。詳細は下記ページをご覧ください。
    ISO
    IEC
  • 上記規格に関する、認証、セミナーも行っています。
    認証についてはこちら
    セミナーについてはこちら