NEWS TOPICS

会員向け情報はこちら

JSAライブラリサーバ JSME(日本機械学会)

JSAライブラリサーバ JSME(日本機械学会) 利用料金

対象規格

  • グループA:発電用火力設備規格(JSME S T-)

    規格番号 標題名
    JSME S TA0 2012-2017 発電用火力設備規格 基本規定 2012-2017
    JSME S TA1 2012-2017 発電用火力設備規格 詳細規定(材料、ボイラ、圧力容器、配管) 2012-2017
    JSME S TA2 2012-2017 発電用火力設備規格 詳細規定(非破壊検査、溶接施工法、溶接技量) 2012-2015
    JSME S TB1 2016 発電用火力設備規格 火力設備配管減肉管理技術規格 2016
  • グループB:発電用原子力設備規格(JSME S N-)

    規格番号 標題名
    JSME S NA1 2008 発電用原子力設備規格 維持規格 2008
    JSME S NA1 2012-2014 発電用原子力設備規格 維持規格 2012-2014
    JSME S NA1 2016-2019発電用原子力設備規格 維持規格 2016-2019
    JSME S NB1 2007発電用原子力設備規格 溶接規格 2007
    JSME S NB1 2012-2013発電用原子力設備規格 溶接規格 2012-2013
    JSME S NB1 2016-2019発電用原子力設備規格 溶接規格 2016-2019
    JSME S NB1 2020発電用原子力設備規格 溶接規格 2020
    JSME S NB2 2017発電用原子力設備規格 高速炉溶接規格 2017
    JSME S NC1 2005-2007発電用原子力設備規格 設計・建設規格(第1編 軽水炉規格) 2005-2007
    JSME S NC1 2012発電用原子力設備規格 設計・建設規格設計・建設 規格(第1編 軽水炉規格) 2012
    JSME S NC1 2016-2019発電用原子力設備規格 設計・建設規格設計・建設 規格(第1編 軽水炉規格) 2016-2019
    JSME S NC1 2020発電用原子力設備規格 設計・建設規格設計・建設 規格(第1編 軽水炉規格) 2020
    JSME S NC2 2016-2018発電用原子力設備規格 設計・建設規格(第2編 高速炉規格) 2016-2018
    JSME S ND1 2002発電用原子力設備規格 配管破損防護設計規格 2002
    JSME S NE1 2003発電用原子力設備規格 コンクリート製原子炉格納容器規格 2003
    JSME S NE1 2014発電用原子力設備規格 コンクリート製原子炉格納容器規格 2014
    JSME S NF1 2009発電用原子力設備規格 環境疲労評価手法 2009
    JSME S NG1 2006発電用原子力設備規格 加圧水型原子力発電所 配管減肉管理に関する技術規格 2006
    JSME S NG1 2016発電用原子力設備規格 加圧水型原子力発電所 配管減肉管理に関する技術規格 2016
    JSME S NH1 2006 発電用原子力設備規格 沸騰水型原子力発電所 配管減肉管理に関する技術規格 2006
    JSME S NH1 2016 発電用原子力設備規格 沸騰水型原子力発電所 配管減肉管理に関する技術規格 2016
    JSME S NJ1 2012 発電用原子力設備規格 材料規格 2012
    JSME S NJ1 2016-2019 発電用原子力設備規格 材料規格 2016-2019
    JSME S NJ1 2020 発電用原子力設備規格 材料規格 2020
    JSME S NX1 2013 発電用原子力設備規格 外部事象シビアアクシデント対策 設備設計ガイドライン(BWR編) 2013
    JSME S NX2 2014 発電用原子力設備規格 シビアアクシデント時の構造健全性評価ガイドライン(BWR鋼製格納容器編) 2014
    JSME S NX3 2015 発電用原子力設備規格 シビアアクシデント時の構造健全性評価ガイドライン(PWRプレストレストコンクリート製格納容器編) 2015
    JSME S NX4 2015 発電用原子力設備規格 シビアアクシデント時の構造健全性評価ガイドライン(PWR鋼製格納容器編) 2015
    JSME S NX5 2018 発電用原子力設備規格 シビアアクシデント時の構造健全性評価ガイドライン(BWR鉄筋コンクリート製格納容器編) 2018
    JSME S NX6 2019 発電用原子力設備規格 竜巻飛来物の衝撃荷重による構造物の構造健全性評価手法ガイドライン 2019
    JSME S NX7 2017 発電用原子力設備規格 高速炉機器の信頼性評価ガイドライン 2017
  • グループC:グループA, B以外の発電用設備規格及び関連規格

    規格番号 標題名
    JSME S 012:1998 配管内円柱状構造物の流力振動評価指針 1998
    JSME S 016:2002 蒸気発生器伝熱管U字管部流力弾性振動防止指針 2002
    JSME S 017:2003 配管の高サイクル熱疲労に関する評価指針 2003
    JSME S CA1:2016 発電用設備規格 配管減肉管理に関する規格 2016
    JSME S CB1:2018 発電用設備規格 発電用設備規格関連の材料事象に関する解説 2018
    JSME S FA1:2007 使用済燃料貯蔵施設規格 金属キャスク構造規格 2007
    JSME S FB1:2003 使用済燃料貯蔵施設規格 コンクリートキャスク、キャニスタ詰替装置およびキャニスタ輸送キャスク構造規格 2003
    JSME S KA1:2017 超電導マグネット構造規格 2017
    JSME S RA1:2018 再処理設備規格 設計規格 2018
    JSME S RB1:2018 再処理設備規格 溶接規格 2018
    JSME S RC1:2017 再処理設備規格 維持規格 2017

※対象規格は、見直しされる場合がございます。

利用料金シミュレーション

グループ

基本料金

基本料金

同時アクセス数

事業所数

係数

利用料金

 円/年(税抜)

利用料金

 円/年(税込)

ご請求書送付スケジュール

 円/2022年度分(税込)
【利用開始月下旬に郵送】

 円/2023年度分(税込)
【2023年4月下旬に郵送】

※一括でのお支払い等、異なる請求期間をご希望の場合は、注文書の通信欄にてお知らせください。

※利用料金は見直しされる場合がございます。

お見積書が必要な場合は、お見積書作成に必要な情報を記入してお問い合わせください。

同時アクセス数とは?

どなたかが規格を閲覧している間、他の方は閲覧できなくなります。例えば、同時アクセス数2だと、同時に2人の方が規格を閲覧できるようになります。

事業所数とは?

閲覧される事業所の住所数を意味します。同一法人内でも住所が異なる場合は、事業所数を増やさなければなりません。また、子会社を契約に含めることもできますが、その場合は同一住所内でも事業所数を増やさなければなりません。

  • 基本料金一覧

    グループ 基本料金(税込)
    グループA 118,800円
    グループB 495,000円
    グループC 165,000円
    グループA&B&C 660,000円(約15%OFF)

    ※基本料金は見直しされる場合がございます。

  • 係数一覧

    事業所数→ 1 2 3 4 5 6以上
    同時アクセス数↓
    1 1.0 1.3 1.5 1.7 1.8 1.9
    2 1.7 2.0 2.2 2.4 2.5 2.6
    3 2.0 2.3 2.5 2.7 2.8 2.9
    4 2.2 2.5 2.7 2.9 3.0 3.1
    5 2.4 2.7 2.9 3.1 3.2 3.3
    6以上 2.6 2.9 3.1 3.3 3.4 3.5

    ※係数は見直しされる場合がございます。