認定機関とは

認定機関とは

1. 認定機関とは

2019年7月1日に施行された産業標準化法(JIS法)に基づき、主務大臣から認定された原案作成団体などを認定産業標準機関(認定機関)といいます。認定機関は、公正性・中立性・透明性を確保し、かつ、JIS案に係る実質的な利害関係を有する者(利害関係者)の意向を反映するJIS案作成体制を整備しています。これによって、具体的には、主務大臣が、認定機関から申出するJIS案を制定等するに当たって、日本産業標準調査会の審議が省略されます(図1参照)。そのため、従来に比べて、迅速なJIS化が可能となっています。民間主導のJISの迅速化が図られることから、認定機関の役割は政策的に大きく期待されています。


図1 JIS作成プロセス

2.情報公開

認定機関は、利害関係者の意向を反映できるよう、また、JIS案作成の委員会(委員会)の透明性のために、JIS案作成に関して情報公開を行っています(図2参照)。それぞれの情報は、各ページからご覧ください。


図2 JIS案作成に関する情報公開

①JIS作成予定の公表: JIS案の作成開始~公示の状況をお知らせします。この公表を通じて、②、③及び④の情報も提供します。

②委員会への参加の機会の提供: 委員会の開催予定をご案内するとともに、利害関係者に対して委員会への参加の機会(意見陳述を含む。)を提供します。なお、対面審議による委員会は傍聴参加が可能です。

③JIS案への意見受付: JISの制定案、改正案又は廃止の意見受付を実施します。

④異議申立ての受付: 必要に応じて、利害関係者からの異議申立ての受付を案内します。

⑤過去の委員会資料の公表: 委員会の資料を公表します。


お問合せ先
標準化総括・支援ユニット 標準化総括チーム
E-mail:sdcac@jsa.or.jp TEL:03-4231-8532