NEWS TOPICS

会員向け情報はこちら

標準化 最新動向

情報処理の促進に関する法律施行令の一部を改正する政令が閣議決定されました

2021/07/20

<経済産業省の記事から抜粋>

本日、情報処理の促進に関する法律施行令の一部を改正する政令が閣議決定されました。当該決定を受け、施行日以降に実施を公示する情報処理安全確保支援士試験及び情報処理技術者試験より、受験手数料を引き上げます。

1.今回の措置の概要
情報処理安全確保支援士試験及び情報処理技術者試験は、サイバーセキュリティに関する知識・技能を有した専門人材の育成や、情報処理に関する知識・技能を評価することを目的に実施される国家試験です。本政令では、新型コロナウイルス感染症対策に求められる座席間隔の確保や検温・消毒等の実施、一部試験区分のコンピュータ試験化等による試験実施に要する経費の増加を踏まえ、今後も安定的に試験制度を運営する観点から、情報処理安全確保支援士試験及び情報処理技術者試験の受験手数料について、以下のとおり引き上げることとします。

【現行】5,700円 ⇒ 【改正後】7,500円

なお、この政令の施行前に実施の公示がされた情報処理技術者試験の受験手数料は5,700円のままとし、改正後の受験手数料(7,500円)は施行後に実施の公示がされた情報処理安全確保支援士試験及び情報処理技術者試験から適用することとします。

2.今後の予定
令和3年7月21日(水曜日) 公布
令和3年7月26日(月曜日) 施行

関連資料の閲覧および本記事の詳細は経済産業省のページをご覧ください。

<出典:経済産業省のウェブサイトを加工して作成>
https://www.meti.go.jp/press/2021/07/20210716002/20210716002.html