NEWS TOPICS

会員向け情報はこちら

規格・書籍・物品

詳細検索する

対訳 ISO 19011:2018(JIS Q 19011:2019)マネジメントシステム監査のための指針[ポケット版]

  • 日本規格協会 編

    発売日以降、ご予約順に発送いたします。

    図書

    予約注文する予約注文する

    7,344 円(税込)

    本体価格:6,800 円

    ISBN:9784542402843

    発売年月日:2019-08-26

  • プレビュー(PDF)

    ※プレビューはPDFですが、商品はPDFではございません。

    新書判・304頁
    商品コード:340284

    【概要】
     本書は、ISO中央事務局との翻訳出版契約により、ISO 19011:2018とJIS Q 19011:2019を見開きで掲載している対訳書籍です。このシリーズ書籍は、ISOとJISが一冊で参照できるため、携行性に優れ、審査で利用する場合や審査員の方の養成など様々な場面で利用しやすいため、大変好評を得ております。
     ISO 19011(JIS Q 19011)は、組織が構築しているISOマネジメントシステムが適切に運用されているかを評価するために必要な「監査」の指針を定めており、今回の規格改正によって、監査の原則に「リスクに基づくアプローチ」が項目として追加されるなど前版から大きく変更されています。効率的かつ効果的な「ISOマネジメントシステム監査」を実現するために、是非本書をご活用ください。

    ※JIS Q 19011:2019に掲載されている解説は、本書では掲載していません。解説をご確認される場合は、JIS Q 19011:2019 をご購入ください。

    ISO 19011(マネジメントシステム監査のための指針)とは何か?
     ISO 19011とは、ISOマネジメントシステムが適切に運用されているかを監査する上での指針となる規格です。2018年の改訂では、ISO/IEC専門業務用指針第1部の附属書SL(共通テキスト) 開発に伴うISOマネジメントシステム要求事項の共通化を反映しており、これによって、いずれのマネジメントシステム規格に取り組む組織においても適用可能な共通的な指針としての役割を果たしています。まさに、ISOマネジメントシステム監査に携わる全ての方に必須といえます。

    【目次】
    Foreword
    Introduction
    1. Scope
    2. Normative references
    3. Terms and definitions
    4. Principles of auditing
    5. Managing an audit programme
    5.1 General
    5.2 Establishing audit programme objectives
    5.3 Determining and evaluating audit programme risks and opportunities
    5.4 Establishing the audit programme
    5.5 Implementing audit programme
    5.6 Monitoring audit programme
    5.7 Reviewing and improving audit programme
    6. Conducting an audit
    6.1 General
    6.2 Initiating audit
    6.3 Preparing audit activities
    6.4 Conducting audit activities
    6.5 Preparing and distributing audit report
    6.6 Completing audit
    6.7 Conducting audit follow-up
    7. Competence and evaluation of auditors
    7.1 General
    7.2 Determining auditor competence
    7.3 Establishing auditor evaluation criteria
    7.4 Selecting appropriate auditor evaluation method
    7.5 Conducting auditor evaluation
    7.6 Maintaining and improving auditor competence
    Annex A(informative) Additional guidance for auditors planning 
    and conducting audits


    まえがき
    序文
    1. 適用範囲
    2. 引用規格
    3. 用語及び定義
    4. 監査の原則
    5. 監査プログラムのマネジメント
    5.1 一般
    5.2 監査プログラムの目的の確立
    5.3 監査プログラムのリスク及び機会の決定及び評価
    5.4 監査プログラムの確立
    5.5 監査プログラムの実施
    5.6 監査プログラムの監視
    5.7 監査プログラムのレビュー及び改善
    6. 監査の実施
    6.1 一般
    6.2 監査の開始
    6.3 監査活動の準備
    6.4 監査活動の実施
    6.5 監査報告書の作成及び配付
    6.6 監査の完了
    6.7 監査のフォローアップの実施
    7. 監査員の力量及び評価
    7.1 一般
    7.2 監査員の力量の決定
    7.3 監査員の評価基準の確立
    7.4 監査員の適切な評価方法の選択
    7.5 監査員の評価の実施
    7.6 監査員の力量の維持及び向上
    附属書A 監査を計画及び実施する監査員に対する追加の手引

    【関連書籍】
    ・日本規格協会グループでは、みなさまのマネジメントシステム監査を支援するため、総合的標準化機関としての取り組みを活かした関連書籍を多数発行しています。是非、御社のマネジメントシステム監査にご活用ください。
    関連書籍一覧はこちら をご覧ください。
LOADING...