NEWS TOPICS

会員向け情報はこちら

現場の管理と改善セミナー

セミナーコース詳細

現場の管理と改善セミナー
試験・計測器管理コース

■試験結果の信頼性につながる管理

■意義と管理サイクルを正しく理解

計測器管理の意義と管理サイクルのポイントを正しく理解するコースです。不確かさの概念、測定システムに内在する不確かさ要因の把握と改善、トレーサビリティ体系と校正管理のポイントを解説。計測システム解析(MSA)への理解とGR&Rのワークもあり充実!

試験結果の信頼性につながる管理

ものづくりにおいて、試験・計測器の管理の良否は、試験・検査結果の信頼性を左右し、品質管理の根幹をなす極めて重要度の高いものである。一方、『計測器の管理は品質管理部門などのスタッフが行うものだ』という考えが多くの企業に見受けられるが、計測器を使用する全ての部門や階層で、計測器管理の意義と管理のポイントを熟知し、それぞれの役割に応じた管理を確実に行うことが必要である。

意義と管理サイクルを正しく理解

本コースでは、計測器管理の意義と管理サイクルの各ステップにおけるポイントを正しく理解していただきます。中でも、“不確かさ”の概念の理解、測定システムに内在する不確かさ要因の把握に基づく弱点の把握と改善、国家(国際)標準へのトレーサビリティ体系と校正管理のポイントの理解を強化し、効果的で且つ効率的な計測器管理の力量維持・向上に役立ちます。

プログラム

時 間 講義内容
9:30~16:30 現場の管理と改善への道―今求められるものとは―
計測と計測器
計測の不確かさ
計測器のトレーサビリティ
計測器管理文書
計測器選定・購入のポイント
計測器の校正・登録時のポイント
計測器の取り扱い・保管・点検時のポイント
計測器の異常管理
限度見本管理のポイント
レンタル計測器の管理
計測器管理者の能力と資格認定
計測器管理システムの改善

※プログラム・講師は変更になる場合がございます。

対 象 製造部門をはじめ全部門の品質システムなどの管理責任者
製造部門をはじめ全部門の品質管理ならびに標準化推進責任者
製造部門をはじめ全部門のQCサークルリーダー
製造部門をはじめ全部門の現場リーダー〔組長・班長・主任〕

2020年度参加費

一  般:¥33,000 <10%税込>
維持会員:¥29,700 <10%税込>

※参加費は、テキスト・資料代を含んだ金額です。

開催日程

開催日 開催地 会場 定員 残席状況  

開催日

2020年07月29日(水)

開催地

大阪

会場

日本規格協会 関西支部 研修会場

定員

16 名

残席状況

満席

開催日

2020年07月29日(水)

開催地

ライブ

会場

☆お申込みの前に必ずお読みください☆

定員

20 名

残席状況

空席あり

開催日

2020年09月16日(水)

開催地

高松

会場

高松センタービル 会議室

定員

12 名

残席状況

空席あり

開催日

2020年10月06日(火)

開催地

広島

会場

広島商工会議所ビル

定員

21 名

残席状況

空席あり

開催日

2020年11月27日(金)

開催地

仙台

会場

駅前のぞみビル 会議室

定員

30 名

残席状況

空席あり

開催日

2020年12月04日(金)

開催地

福岡

会場

博多アーバンスクエア 会議室

定員

12 名

残席状況

空席あり

開催日

2020年12月11日(金)

開催地

名古屋

会場

日本規格協会 名古屋支部(RT白川ビル7F)

定員

60 名

残席状況

空席あり

開催日

2021年01月14日(木)

開催地

東京

会場

日本規格協会 三田MTビル セミナールーム

定員

40 名

残席状況

空席あり

開催日

2021年03月05日(金)

開催地

大阪

会場

日本規格協会 関西支部 研修会場

定員

16 名

残席状況

空席あり