NEWS TOPICS

会員向け情報はこちら

技術開発フォーラム

実施セミナー情報

セミナー名称 技術開発フォーラム
コース名称  
開講日程 2023年03月02日(木)
定員数 15名
残席状況

(空席あり)

開催地 ライブ配信
会場 ☆お申込みの前に必ずお読みください(Zoom)☆
一般価格 3,300円(10%税込)
維持会員価格 3,300円(10%税込)

  • 技術開発フォーラム

    こちらをクリックするとコース概要が表示されます。

    2020年は「コロナ禍」で終始したのではないでしょうか。テレワークに代表される働き方改革など、企業も戦略の見直しを迫られているようです。その中で注目されている1つがAIやIOT等の言葉で知られている人工知能です。また、SDGsやサステナブルなどが改めて認識させられたこともあり、デザイン経営も注目されています。人工知能に関わる最適化や評価、そしてデザイン経営の基礎となるデザイン思考は品質工学に大きな親和性があります。
    それらの話題について、椿広計先生と飯島淳一先生という斯界の権威にご講演をお願いしております。また、会員の研究も品質工学の新規分野への開拓と言うことで微力ながら進展を続けています。コロナ禍を打ち破る半歩になるためにも、皆様方のフォーラムへの参加をお願いいたします。

- ライブ配信にて開催!-

 

ライブ配信のポイント

・PCやタブレット、ご自宅や職場など、お好きな場所からご参加いただけます

・3密を避け、安全な環境下でご参加いただけます

 

プログラム

時 間 プログラム【敬称略】 
9:30~9:35 QRG幹事長挨拶
9:35~11:05 【特別講演1】「ロバストパラメータ設計と統計学の分散分析の違い」
椿 広計(情報・システム研究機構 統計数理研究所長)

ロバストパラメータ設計を特徴づけるSN比を用いた基本機能最適化のための2段階設計や混合系直交表の利用について、数理モデリングの観点から再考を試みたい。特に、加法性が成立するエネルギーとは何なのかを動特性の理想機能の想定の観点から議論し、統計学でよく見られる分散分析と品質工学のデータ解析にはどのようなギャップが仕込まれているのかなどを推理してみたい。

11:15~11:45

【QRG活動報告①/WG1】「新商品開発のためのタグチシステム ~商品企画に活かすTMの総合的活用~」

TM(タグチメソッド)の目的はR&Dの生産性の改善である。従って商品企画は重要課題だが、 価値は人間の問題として対象にしてこなかった経緯がある。しかし、MT法の基準空間の説明には人間の問題そのものである「幸福」を使っている。TMは人間の欲求を知った上での汎用技術である。WG1ではヒット商品の歴史、欲求レベル、機能、幸福度、パラダイムシフトなどをキーワードにTMの視点から見た「商品企画」を検討した。TMを企画・研究・開発・設計のプロセスに首尾一貫して使うことを意識したタグチシステム構成の契機にしたい。

11:55~12:25 【QRG活動報告②/WG2.5】「顧客価値創造のための商品企画開発プロセスの研究」

メーカーの役割は、生産・製造技術にモノづくりに加え、顧客価値を創造し、「魅力的な商品」を開発することが重要視されている。顧客価値創造は、開発プロセス上流の商品企画段階で如何に顧客価値を評価することがポイントである。これまでの研究では、「品質の評価」適用し客観的評価方法の構築を行ってきた。本年度は、一歩踏み込んで商品企画の肝となるコンセプト創造と評価の方法について事例を通して検討したので紹介する。

13:30~15:30 【特別講演2】「お客様の輝きにつなげるマツダのモノづくり ~魂動デザイン実現に向けたプレス金型製作プロセス革新~」
安達 範久(マツダ株式会社 技監)

お客様の輝きにつなげるため、マツダでは、こだわりのモノづくりを行っている。
中でも、魂動デザイン実現に向けては、デザインと生産部門の共創や、様々なこだわりの技術や技能により、
コンセプトカーに近い車の量産化に取組んでいる。
本講演では、プレス金型造りにおける革新の事例についてご紹介させていただく。

15:40~16:25 【QRG活動報告③/WG4】「品質工学の数理と応用の研究~SN比の数理を中心に~」

本WGでは,品質工学に関係する数理の研究や,MTシステムの事例研究を行っている。数理の研究として,過去にデジタルのSN比とその関連指標について調査検討を行った。今回は機能性の評価指標であるアナログのSN比(ゼロ点比例式)について,提案されている指標各種をサーベイした上で,新たなSN比を提案・紹介する。またMTシステムの事例研究として継続的に取り組んでいる地震予測についても簡単に紹介する。

16:25 閉会の辞 (QRG幹事)