NEWS TOPICS

会員向け情報はこちら

機能安全セミナー

セミナーコース詳細

機能安全セミナー
入門編コース

■機能安全の基礎をしっかり解説

■機能安全導入の推進役を育成

安全における機能安全の位置づけ、IEC 61508の枠組み、導入効果を理解いただき、機能安全導入の推進役を育成するコースです。試験に合格した方に、“機能安全に関する能力を有する証明”として活用できる「修了証書」を発行します。

プログラム

時 間 講義内容 講 師
10:00~11:40
(100分)
安全総論
 ものづくりの範囲は、多様な製品、機械、システム、設備等極めて広範に渡ります。
 安全なものづくりを目指す視点から、安全確保のために考慮すべき諸側面、一定のリスクの許容を前提とする国際的な安全確保の考え方、安全設計の概念と機能安全の概念、及び安全関連国際規格の体系について、総合的に解説します。

明治大学
名誉教授


向殿 政男

11:40~12:40 昼食休憩
12:40~14:20
(100分)
機能安全対策の必要性・規格概要
 国際競争力を高めるうえでの、日本の「ものづくり」における安全対策の課題と、国際安全規格の理念に基づく対策とに分け解説します。
 また"黒船"としてハードルが高いと考えられている“機能安全”の実体と対応方法を示すとともに、機能安全の基本規格IEC 61508の基本的な概念、構成を中心に解説します。

富士電機(株)
パワエレ機器事業本部 ドライブ事業部 FA部 技術第二課
主査/博士(工学)/セーフティアセッサ

戸枝 毅

14:30~16:10
(100分)
機能安全対策の動向
 色々な製品分野における安全技術、特に機能安全技術にフォーカスして、それが製品にどのような価値を与えたのかについて、成功事例を用いて解説します。
 事例では家電、鉄道、自動車、エレベータ、工場設備などでの機能安全の製品化事例を取り上げ、「性能や品質の向上」の実状を紹介します。

三菱電機(株)
先端技術総合研究所 ソリューション技術部
専任/TÜV機能安全エキスパート/セーフティアセッサ

神余 浩夫

16:15~16:40
(25分)
総合質疑 (講師陣)
16:40~16:50
(10分)
入門編コース試験  
17:00~17:20
(20分)
試験解説  
対 象 経営管理層、技術営業、中堅技術者(特に指導的立場の機能安全技術者、部門横断の問題解決リーダーなど)
定 員 30名

2020年度参加費

一  般:¥30,800 <10%税込>
維持会員:¥27,500 <10%税込>

※参加費は、テキスト・資料代を含んだ金額です。

開催日程

開催日 開催地 会場 定員 残席状況  

開催日

2020年07月06日(月)

開催地

東京

会場

日本規格協会 三田MTビル セミナールーム

定員

20 名

残席状況

満席

開催日

2021年03月01日(月)

開催地

東京

会場

日本規格協会 三田MTビル セミナールーム

定員

30 名

残席状況

空席あり