NEWS TOPICS

会員向け情報はこちら

セミナーコース詳細

品質工学(タグチメソッド)セミナー

体験型演習で学ぶタグチメソッド実践コース
■タグチメソッドの根幹を探究
■なぜQEが効率的なのかを解説
技術開発の問題点を顕在化し、品質工学がどのように役立つのか、何をねらっているのかを明確にして、その根底の考え方と手法の狙いをひもとくコースです。品質工学の手法や考え方を分かりやすく解説し、演習を随所にいれて実践できる知識を身につけていただくとともに、開発リードタイム短縮を実現するための技術開発ステップ展開についても解説します。

※旧コース名(すぐに社内で活用できる品質工学実践コース)
プログラム
第1日目 第2日目
時 間 講義内容 時 間 講義内容

 10:00

17:00

品質工学がねらっているものとその基礎
・品質工学が何をねらっているのか
・機能性の評価とパラメータ設計
・徹底した効率化のために
・SN比と直交表

 

9:30

16:30 

実践で流れをつかむ(演習と事例紹介)
・演習(パターゴルフ)
・従来の実験と技術開発の違い
・信号と誤差を考える
・実験の解析、再現性の確認
・全体の流れでのポイントを整理

※プログラムは変更になる場合がございます。

※2日目はデータ入力がございますのでパソコンをご持参ください。


テキスト講師オリジナルテキスト
対 象研究開発・設計・生産技術・計測技術・品質保証部門の技術者・スタッフおよび技術部部門の管理者の方々 など
2019年度参加費
(19年04月
~ 19年09月)
一  般:¥51,840<8%税込>
維持会員:¥46,440<8%税込>
※参加費は、テキスト・資料代を含んだ金額です。
2019年度参加費
(19年10月
~ 20年03月)
一  般:¥52,800<10%税込>
維持会員:¥47,300<10%税込>
※参加費は、テキスト・資料代を含んだ金額です。

開催日程

開催日 開催地 会場 定員 残席状況  
2019年11月21日(木) ~ 11月22日(金)

東京

日本規格協会 三田MTビル セミナールーム

25 名

 空席あり

LOADING...