NEWS TOPICS

会員向け情報はこちら

セミナーコース詳細

品質工学(タグチメソッド)セミナー

開発・設計者のための『品質工学スキル』向上コース
■開発短期間化と高品質を両立
■実習で体感!開発力強化の2大ツール
従来の仕事をそのままに、更に品質工学のツールを仕事の中に入れると、更に業務が増えてしまい逆効果です。開発・設計の本来のしくみを整理した上で、品質工学の要である「機能性評価」「パラメータ設計」をうまく使いこなすスキルを身に着けるコースです。働き方を変え「きちんとやってきちんと帰る」を実現しましょう。
プログラム
第1日目 第2日目
時 間 講義内容 時 間 講義内容
 9:30~16:30

■ モノづくりのかかえる課題と品質工学の役割
■ 開発・設計の生産性革新を支える品質工学
(機能性評価とパラメータ設計)
■ 機能性評価の基本と実践的進め方
■ 【グループ実習】 歩数計の評価と選定

 9:30~16:30 

■ 本来の技術開発の進め方
■ パラメータ設計の考え方と手順
■ 【グループ実習】簡単な電気回路を題材とした開発・設計の進め方

※プログラムは変更になる場合がございます。


対 象 以下の項目に一つでも当てはまる方はぜひご参加ください。
■ 残業ができなくなるとと品質か納期が犠牲にせざるを得ないと思っている
■ 新技術/新部品を採用すると想定外の不具合が発生してしまうと感じる
■ 頑張ってはいるのに、設計部門の負荷が高止まりの状態で業務改善がなかなか進まない
■ 製品開発のスピードが遅く、新製品リリースで他社に遅れをとることが多い
■ その他、開発~設計の業務改善でお悩みの研究開発・設計・生産技術・品質保証部門の技術者、スタッフ
2019年度参加費
(19年04月
~ 19年09月)
一  般:¥56,160<8%税込>
維持会員:¥49,680<8%税込>
※参加費は、テキスト・資料代を含んだ金額です。
2019年度参加費
(19年10月
~ 20年03月)
一  般:¥57,200<10%税込>
維持会員:¥50,600<10%税込>
※参加費は、テキスト・資料代を含んだ金額です。

開催日程

開催日 開催地 会場 定員 残席状況  
2019年11月06日(水) ~ 11月07日(木)

大阪

日本規格協会 関西支部 研修会場

20 名

 空席あり

LOADING...