ログインされていません

お知らせ

★システムメンテナンスのお知らせ★ 2018年8月27日(月) 18:00~22:00

規格・書籍・物品の買い物かごがクリアされます。
ログイン情報がクリアされます。

Clicking OK clears the basket.
Clicking OK clears the login information.

セミナーコース詳細

品質工学セミナー

高信頼を短期間で開発するロバスト設計コース
■ロバスト設計をしっかり学習
■従来の信頼性試験を発展!
こちらをクリックするとコース概要が表示されます。

プログラム

時 間 講義内容 ※7つの項目について解説、学習していただきます。
  1.製品の開発設計に時間がかかる理由はコストの壁である
 ・ブランドの競争力は、商品に対する信頼度で作られる
 ・信頼性品質の開発が新技術実用化のキーポイント
 ・コストの壁・・・信頼性品質の確認には、長時間のテストと多数のデータ量が必要
2.コストの壁を突破できない理由
 ・科学的方法論の呪縛…品質そのものを評価しなければならない?
 ・工学と科学の混同、手段と目的の混同⇒QCの弊害
3.ブレイクスルーのための視点
 ・データは設計判断のための材料であり、実験やテストは手段に過ぎない
 ・データの本当の目的は、設計を決断するための情報を得ること
4.設計のコストパフォーマンスを考える
 ・工学の本質はコストパフォーマンスの追求である
 ・二通りの判断情報入手法を、コストパフォーマンスで比較
5.ロバスト性評価の本質は弱点検出である
 ・機能はプロセスの可視化が目的
 ・ノイズ因子は検出力の拡大が目的
6.事例での具体的手法の解説
 ・機能を考えるコツとは・・・
 ・イズ因子の種類とは・・・
 ・ノイズ因子の適正な水準とは・・・
7.グループ討議
 ・実例で納得

※プログラムは変更になる場合がございます。


対 象 品質管理・品質保証・購買・信頼性試験にかかわる方々
2018年度
参加費
一  般:¥31,320<税込>
維持会員:¥28,080<税込>
※参加費は、テキスト・資料代を含んだ金額です。

開催日程

開催日 開催地 会場 定員 残席状況  
2018年09月07日(金)

東京

日本規格協会 三田MTビル セミナールーム

40 名

 空席あり

2018年10月12日(金)

仙台

駅前のぞみビル

30 名

 空席あり

2019年02月01日(金)

東京

日本規格協会 三田MTビル セミナールーム

40 名

 空席あり

▲ページトップへ

Copyright 2002-2018 Japanese Standards Association. All Rights Reserved.