NEWS TOPICS

会員向け情報はこちら

生産管理セミナー

セミナーコース詳細

生産管理セミナー
QCD統合生産革新コース ~現場カイゼンの着眼点~

■Q.C.Dの基本をしっかり学習

■直面する問題の解決能力を習得

Q・C・Dの基本的考え方をベースに、ジャストインタイムで直面する問題を解決する改善アプローチについて学習するコースです。講義と演習を通して参加者が自ら問題を設定し、真の原因は何なのかを考え、それを解決できる基礎能力の習得を目指します。

※旧コース名(現場における問題解決コース―改善のキーポイント―)

生産システムの効率化と着目点
現場改善活動への取組みとアプローチ (見える化、ムダのとらえ方)

我々は日々のビジネスにおいて、大小さまざまな問題に直面し、それらを解決するため、自らの勘と経験を基にして何らかの意思決定を行っております。また、情報技術化、グローバル化の進展により企業環境はますます複雑化しており、不確実な状況の下で、それぞれの専門分野において直面する問題解決のため、正確で迅速な判断やアクションが求められます。皆様の事業所・工場でもQ(品質)・C(原価)・D(納期)をモノづくりの基本的な考え方として、限られた時間や制約された資源のもと、いかに問題を解決するか?いかに大きな成果をあげるか?といった取り組みは大きな課題になっていると思います。
本コースでは、直面する問題を如何に解決していくかをQ・C・Dの基本的考え方をベースにジャストインタイムで問題を解決する改善アプローチについて学習します。講義と演習を通じて参加者が自ら問題を設定し、真の原因は何なのかを考え、それを解決できる基礎能力の習得を目指します。

プログラム

時 間 講義内容
9:30~12:30 1.(Q・C・Dを基本とした)生産システムの効率化と着眼点
 生産システムの基礎概念
 生産システムの成り立ち/リーン生産システム/他
 国内外の企業事例にみる効率化の着眼点
12:30~13:30 昼食休憩
13:30~16:30 2.(Q・C・Dを基本とした)現場改善活動への取組みアプローチ(現状の見える化、ムダのとらえ方)
 データに基づく現状把握と見える化による問題のとらえ方
 模擬生産プロセスによる改善活動にむけた実践演習
総合質疑応答

※プログラムは変更になる場合がございます。

対 象 生産管理部門の技術者
現場の管理監督者
主任・班長・グループリーダ

2019年度参加費 (19年04月 ~ 19年09月)

一  般:¥30,240 <8%税込>
維持会員:¥27,000 <8%税込>

※参加費は、テキスト・資料代を含んだ金額です。

2019年度参加費 (19年10月 ~ 20年03月)

一  般:¥30,800 <10%税込>
維持会員:¥27,500 <10%税込>

※参加費は、テキスト・資料代を含んだ金額です。

開催日程

開催日 開催地 会場 定員 残席状況  

開催日

2019年08月26日(月)

開催地

広島

会場

広島商工会議所ビル

定員

45 名

残席状況

受付終了

開催日

2019年09月04日(水)

開催地

名古屋

会場

愛知県産業労働センター ウインクあいち

定員

30 名

残席状況

空席あり