ログインされていません

お知らせ

★年末・年始の発送に関するお知らせ★

規格・書籍・物品の買い物かごがクリアされます。
ログイン情報がクリアされます。

Clicking OK clears the basket.
Clicking OK clears the login information.

セミナーコース詳細

品質管理セミナー(QC手法)

 “品質保証のための”工程管理のしくみづくりと運用コース
■現場自らが考え、工夫するしくみ
■悪しきブラックボックス化を打破
現場の立場に立った“工程管理のしくみの構築と運用”の基本事項とポイントを講義・演習を通じて身につけるコースです。現場で品質を保証するために、体系化された工程管理のしくみの構築と運用が今まさに求められています。
プログラム
第1日目 第2日目
時 間 講義内容 時 間 講義内容
 9:30~16:30 ⑴ 工程管理のしくみづくりの必要性
  •  ■技術の立場と現場の立場の違い
  •  ■しくみづくりに対する要求事項
  •  ■しくみづくりは誰が実施するのか
⑵ 工程管理のしくみづくりのステップ
  •  ■ブロック保証の考え方と工程管理設計、検査設計
  •  ■工程管理のしくみづくりとステップ
  •  ■しくみづくりに必要なツールとその関連
  •  ■しくみづくりに必要な標準類
⑶ 製造工程での管理点の整備
  •  ■工程の機能と加工の原理・原則
  •  ■単位工程の管理点の設定方法
  •  ■工程の機能追究による管理項目の設定
  •  ■作業分析による点検項目の設定
  •  ■工程管理方法検討表
⑷ QC工程表作成のポイント
  •  ■QC工程表の作成手続きと取扱い
  •  ■QC工程表の活用
 9:30~16:30 ⑸ 工程FMEAと設備FMEA
  •  ■FMEAの実施プロセス
  •  ■故障モードとその意味
  •  ■影響解析
  •  ■変化点FMEA
  •  ■FMEA実施の留意点
  •  ■FMEA実施の効果
⑹ 品質マトリクスでの自己完結の検証
  •  ■品質マトリクスの作り方
  •  ■品質マトリクスでの自工程完結の検証
⑺ 作業標準とその作成ポイント
  •  ■正しい作業をするためには
  •  ■作業標準の作成の考え方
  •  ■作業指導書、作業指図書の基本的な作成手順
⑻ 工程の管理と解析
  •  ■品質の管理
  •  ■変化点管理―要因系の管理
  •  ■工程の管理と解析

※プログラム・講師は、変更になる場合がございます。


対 象

製造部門の管理者、リーダー、スタッフ

品質管理部門の管理者、リーダー、スタッフ

外注先の品質管理を指導している管理者・スタッフの方々

製造請負企業における現場管理者の方々

2018年度
参加費
一  般:¥46,440<税込>
維持会員:¥42,120<税込>
※参加費は、テキスト・資料代を含んだ金額です。

開催日程

開催日 開催地 会場 定員 残席状況  
2019年01月23日(水) ~ 01月24日(木)

広島

広島商工会議所ビル

30 名

 空席あり

2019年03月04日(月) ~ 03月05日(火)

名古屋

日本規格協会 名古屋支部(RT白川ビル7F)

30 名

 空席あり

▲ページトップへ

Copyright 2002-2018 Japanese Standards Association. All Rights Reserved.