NEWS TOPICS

会員向け情報はこちら

品質管理セミナー(QC手法)

セミナーコース詳細

品質管理セミナー(QC手法)
グローバル品質保証の進め方コース

 製造メーカでの海外生産比率は年々増加傾向にあり、形態も自社拠点からOEM、さらにはM&Aなどに多様化しています。その中で生産性や品質保証面などで様々な課題を抱え、一部では海外からの撤退を余儀なくされている企業も出てきています。また昨今はコロナ禍でのグローバルものづくり活動をどう進めるか?、人権リスクなどへの対応をどうするか? など幅広い課題への対応が必須となっています。
 こうした背景から、当会では、2019年度から2020年度まで、海外展開の中で課題を持つ企業(大手から中小の複数業種の品質責任者※)にご参画いただき、「グローバル品質保証研究会」を開設し、様々なテーマの問題点やお悩み、工夫している取組みを発表頂き、議論・改善提案をして参りました。
 本セミナーでは、研究会で明らかになった課題も参考にし、下図に示すような活動に関して、取り組み方や具体的な活動事例などを海外経験豊かな講師から演習も含めて教示します。
(※:食品、自動車サプライヤ、電子部品、センサー、材料、機械、玩具、測定機器製造、住宅メーカ等)

QAの進め方



プログラム

時 間 講義内容
9:30~14:30
(休憩 12:30~13:30予定)

(1)グローバルものづくりの必要性とリスク
(2)グローバル品質保証の進め方
   ①事業タイプ別取り組み
   ②グローバルQMS/マザー工場の取り組み
   ③主要QA項目別具体的取組
    <品質リスク、工程管理、サプライヤQA、設計管理、品質監査>
   ④教育・人材育成

14:40~16:30
演習

※プログラムは変更となる場合がございます。


対 象 ・グローバルものづくり/QAの推進責任者の方
・海外工場を支援する国内の責任者/担当者の方
・海外工場の責任者の方


2021年度参加費

一  般:¥33,000 <10%税込>
維持会員:¥29,700 <10%税込>

※参加費は、テキスト・資料代を含んだ金額です。

開催日程

開催日 開催地 会場 定員 残席状況  

開催日

2021年11月19日(金)

開催地

東京

会場

日本規格協会 三田MTビル セミナールーム

定員

10 名

残席状況

空席あり

開催日

2021年11月19日(金)

開催地

ライブ配信

会場

☆お申込みの前に必ずお読みください(Zoom)☆

定員

10 名

残席状況

空席あり