NEWS TOPICS

会員向け情報はこちら

規格・書籍・物品

詳細検索する

JSQC選書29

企業の持続的発展を支える人材育成
品質を核にする教育の実践

  • 一般社団法人日本品質管理学会 監修
    村川 賢司 著

    図書

    バッグに入れるバッグに入れる

    1,728 円(税込)

    本体価格:1,600 円

    ISBN:9784542504868

    発売年月日:2019-01-31

  • 四六判・並製・152頁
    商品コード:350486

    【概要】
    品質管理教育を具体的実践例を交えて解説!
    重大な品質問題が生じている昨今、「品質重視」の意義や考え方等を再認識し、品質への求心力を高めていくことが求められています。
    それに加えて、これからの世代の方々に対しては、「品質」の重要性を啓蒙しDNAになるまで浸透させ、
    「品質」を中心とした我が国産業界の競争力向上を実現できるよう働きかけを行っていくことが重要です。
    本書では、総合的品質管理(TQM)の一環に人材育成を位置付け、社会に役立つ製品・サービスを創造して提供し、
    企業の持続的発展を支える人材育成の考え方、仕組み、実践的な取組みなどを解説しています。
    詳細に記述をしていますが、薄くスラスラと読み進めることができます。
    本書は、第一線職場で働く人々から管理者・経営層に至る人材をどのように育成していくかの体系的で具体的な実践書として大変有用です。
    JSQC-Std 41-001:2017(品質管理教育の指針)と相互補完的に併用することでより効果的にご活用いただけます。

    【目次】
    第1章 企業における人材
    1.1 企業の持続的発展の源は人材
    1.2 TQM(総合的品質管理)と人材育成
    1.3 デミング賞受賞企業における人材育成の考え方
    1.4 人材育成における経営層の役割
    1.5 人材育成の実効を高めるための実施事項
    第2章 部門・個人の充足能力の明確化と人材育成計画
    2.1 部門別・階層別の必要能力の明確化
    2.2 必要能力と実現能力とのギャップの把握
    2.3 中長期的な視点からの人材育成計画の策定
    第3章 人材を育成する仕組み
    3.1 人材育成の全体構造を表す教育体系
    3.2 多様な研修プログラムの有効な組合せ
    3.3 人材育成における小集団改善活動の役割
    3.4 品質保証にかかわる人材の育成
    3.5 経営層が人材育成に関与する仕組み
    第4章 研修プログラムとその運営
    4.1 職場外教育での研修プログラム
    4.2 職場内教育での研修プログラム
    4.3 斬新な人材育成のための研修プログラムの開発
    第5章 人材育成の実現度の評価と改善
    5.1 企業と部門の人材育成の評価
    5.2 個人ごとの成長の評価
    5.3 研修プログラムと教育体系の評価
    5.4 人材育成の仕組みに関する強み・弱みの特定
    5.5 人材育成の仕組みに関する改善計画の立案と実施
    第6章 人材を育成するための運営管理
    6.1 人材育成活動の成否を握る経営層
    6.2 人材育成を組織的に推進する仕組み
    6.3 個人ごとの人材育成サイクルの確立
    【関連規格】 
    『JSQC Std 41-001:2017 品質管理教育の指針』
LOADING...