ログインされていません

お知らせ

★ゴールデンウィークの発送に関するお知らせ★

規格・書籍・物品の買い物かごがクリアされます。
ログイン情報がクリアされます。

Clicking OK clears the basket.
Clicking OK clears the login information.

会員向け情報

SQオンライン  ~標準化と品質管理 Web版~
= Standardization and Quality Control =


標準化と品質管理」とは日本規格協会が発行する、1946年から続く「標準化」と「品質管理」をテーマにした、日本で最初の月刊誌です。

・毎月発行されるJIS(日本工業規格)の動きを掲載
・ISOやIECなど海外の標準化(規格化)の最新情報を紹介
・製造現場で役立つ品質管理や品質工学(タグチメソッド)の手法や事例を詳解
・そのほか、適合性評価関連の情報や連載、エッセイなどのコンテンツを掲載

*創刊号(1946年)のタイトルは「規格ト標準」です。現在PDFで公開しています。こちら から是非ご覧ください。

毎月15日発行 A4判 960円+税 お得な年間購読もあります。商品詳細とご注文はこちら



SQオンライン」は月刊誌「標準化と品質管理」のWeb版で、月刊誌と連動し、誌面では伝えきれない情報や発行後の更新情報のアップデート、オリジナル記事など様々な情報をご提供します。

・オンラインオリジナルコンテンツを展開
・動画コンテンツのご提供
・月刊誌発行後の更新情報のアップデート
・月刊誌のバックナンバーを含む目次機能

*月刊誌のPDF版ではありません。
*基本情報は無料で閲覧可能ですが、コンテンツは一部会員様に限定する場合があります。




SQオンライン特別企画

【企業に聞く-新市場を創造する標準化・知財戦略】

優れた技術や製品を国内外に売り込む際の市場での信頼性向上や差別化などの有力な手段となる「国内標準化(JIS化)」の実現に成功した中堅・中小企業の知財と標準化の取り組みについて、企業の生の声を紹介した2018年1月号の特別企画。


特許のレベルに対応した標準化戦略 株式会社ワイピーシステム

自動車用緊急脱出支援用具「消棒RESCUE®」の知財・標準化戦略とは?→記事を読む
→ JIS D 5716(自動車用緊急脱出支援用具)


キャズム(溝)に架ける橋としての規格化と特許
 株式会社オートマチックシステムリサーチ

世界初の製品である蛍光酸素濃度計を標準化したわけ→記事を読む
→ JIS B 7921(蛍光式酸素濃度計)


マーケット活性化のための規格化と特許 株式会社悠心

液体容器の歴史に起こしたPIDのイノベーションと標準化→記事を読む
→ JIS Z 1717(包装̶液体用高機能容器)


標準化と知財を効果的に混合(スタティックミキサーの混合性能測定方法の規格化)
 アイセル株式会社

標準化の取り組みにより採用実績が増えたオリジナルの製品→記事を読む
→ JIS B 8702(静的流体混合装置の混合性能測定方法)



著作権について

・SQオンラインのコンテンツ著作権は、日本規格協会または寄稿者など正当な権利を持つ第三者に帰属します。

・ SQオンラインに掲載している記事、テキスト、画像、写真、イラスト、動画、音声などのコンテンツの著作権は、日本規格協会または寄稿者など正当な権利を持つ第三者に帰属します。

・本サイト上の情報を、著作権者の承諾なしに改編、複製、転載、変更、翻案、再配布することはできません。


【JMPによる品質管理・品質設計のための統計解析講座】

2017年5月号より「JMPによる品質管理・品質設計のための統計解析講座」の全15回の連載が終わりました。 統計解析ソフトウェアJMPを開発、普及しているSAS Institute Japan株式会社JMPジャパン事業部のご協力の下、講座内で説明している解析手順の動画を作成いただき公開しておりましたので、アーカイブとしてここに入り口をご用意させていただきます。

記事のページを開く (JSAのホームページが開きます)


【気になる話題 <コラム>】

■ AED(自動体外式除細動器)の図記号標準化 ■

施設などにおけるAED(自動体外式除細動器)の設置場所を分かりやすくするため、国が案内用標準図記号の策定を進めている。AEDは設置台数が増える一方、利用率は低い状態が続いており、原因の一つとして設置場所の案内不足が挙げられる。標準図記号の策定が案内の掲示を促し、問題解決の一助となることが期待される。図記号は日本工業規格(JIS)に基づくものであり、2019年6月ごろの制定が予定されている。
 新たなマークは、経済産業省やAED関連の団体などが連携して定める。既に国際標準化機構(ISO)が標準図記号を設けているが、JISでは日本国内でより判別されやすい図柄にし∴‥∵‥∴......
続き及び、その他のコラムを読むにはこちら をクリックしてください。



月刊誌「標準化と品質管理」の情報

予 告(今後の注目記事をお伝えします。気になるタイトルをクリックで開閉)

予定記事概要

6月号の特別企画では、「中小企業の経営に寄与する品質工学」と題し、生産性向上に始まり、購買~開発設計~検査~製造に至る各部門におけるタグチメソッドの具体的活用方法について、品質工学会の方々に解説を頂きます。
そのほか、東京大学 教育学部 附属中等教育学校における品質管理の出前授業レポートの掲載や、TQM Laboコンサルの永井守様による、「IATF16949の要求事項に対応するQC手法」に関する短期連載(全3回予定)がスタートします。


予定記事概要

7月号の特別企画では、「ISO 9000ファミリー規格の有効活用」と題し、株式会社テクノファ取締役コンサルティング部長の須田晋介様によるISO 9002の活用方法に関する解説をはじめ、ISO 9001及び周辺の品質マネジメントシステム関連規格を効果的に運用されている企業等へのインタビュー記事を掲載します。


予定記事概要

8月号の特別企画では、「自治体標準化最前線-防災、窓口業務」と題し、窓口業務や災害時の自治体間連携など、自治体における標準化に関わる課題とその解決策提案、実践事例等について、衆議院議員 前総務大臣政務官の小林史明様による巻頭言をはじめ、茨城県庁、北見市、おうみ自治体クラウド協議会など、自治体のご担当の方々による寄稿を掲載します。



最新刊 2019年5月号(2019/04/15発行)の主な掲載記事

特別企画
「安全」ニューウェーブ-Safety 2.0

・企画のねらい

・新しい安全の動向 ~Safety 2.0 と協調安全~

・Safety 2.0 の推進に向けた国際連携の取組みについて

・Safety 2.0 適合審査登録制度開発と国際標準化の道筋

・インダストリー4.0 とスマートマニュファクチャリング
-セーフティとセキュリティに着目したドイツの取組み


トピックス

・細胞の品質の規格とは-再生医療の普及に向けて

・開放系総合信頼性の新標準IEC 62853 の概要と意義

・ISO/TC 213(製品の幾何特性仕様及び検査:GPS)
ジュネーブ会議(2019年1~2月)報告


短期連載

・GHS の策定と導入

= 第1回 国連勧告GHS策定の背景と意義 =


連載

・アクセシブルデザインJIS と関連製品の紹介

ボディソープの上部・側面に一本の凸線がつくまで
-JIS S 0021:2014 包装-アクセシブルデザイン-一般要求事項

・大樹七海の「規格と標準化」探訪 Vol.12

= 「材料を制するものは世界を制する」 =


随筆

・“生きた化石” のつぶやき(その12)


その他、「JISの動き」「適合性評価情報」などを掲載しております。

▲ページトップへ

Copyright 2002-2019 Japanese Standards Association. All Rights Reserved.